FC2ブログ

梅仕事 その4

今年は赤紫蘇の時季を逃しました、、、
長雨によって品質の良いものに巡り合えなかったのです。
今年は赤紫蘇漬けは諦めるか、、
と思っていた時、スーパーで見かけたこちら。






こちら、国産で、しかも余計な添加物はゼロ!
試しに一つ買って味見をしたところ、天然の味!!
せっかくの低塩仕立ての梅の塩度が高まるのが残念ではありますが、結構美味しかったので、今年はこれでいくか!と決めた次第。






こんなに梅酢が上がっているので、赤紫蘇を漬かる頃合いとしてはバッチリ。






平らに梅を並べているので、その上に乗せるように赤紫蘇を散らし、漬け込み作業完了。
あとは綺麗に着色されるのを待ちます。
結局、4キロ全てこの赤紫蘇頼み。
どうか美味しくなりますように。
漬け込み中も裏返したり軽く揺すったり。
梅のケアをする度に良い香りに包まれます。
次回へ続く、、、
#梅仕事 #梅干し

スポンサーサイト



富澤商店HP レシピアップされました。

ホシノ酵母で作るイタリアンテイストのワッフルです。

tomizawa20200601.jpg

基本のリエージュワッフルのアレンジバージョンとなっています。

甘くないお食事系ワッフルですので、生ハムやチーズや野菜など挟んで食べたりしても。

もちろんそのままでもチーズやトマトの味が効いており、美味しくいただけますよ。

レシピはこちらから → クリック

梅仕事 その3

追熟ができているものから順々に。

今回は計4キロのリカー&減塩、1キロちょっとの蜂蜜減塩を仕込みました。

毎年やっている蜂蜜梅干しは梅酢の上がりが通常に比べてゆっくりなので、重めの重石を使い、
上下返す作業も少し多めにやります。



その甲斐あって、12時間後には結構な梅酢が!

完熟であることも梅酢が出やすかったのだと思います。



その前に漬けたものからもかなりの梅酢。
ここまでくると7割型できた感じです。

それでも1日、1~2回は梅の上下を返して、常に梅が梅酢に漬かる状態を保ちます。
あとは鮮度の良い赤紫蘇を見つけて、紫蘇漬け作業へ続きます。

#梅仕事 #梅干し

梅仕事 その2

とっても良い香りー!
熟成具合はこの香りで梅が教えてくれます。



だいぶ、黄色くなってきたので、良さそうなものを選抜して、第一陣の漬け込み開始しました。
まずはホワイトリカーを梅にまぶして。



毎年減塩を目指して作っておりまして、最近は蜂蜜を10%入れることで塩を6%くらいまで減らして作っておりましたが、、、
ネットで紹介されていたホワイトリカーを10%入れることによって塩5%で成功しているのを見かけ、今年はこれを試してみることに。



これまでいろいろな塩を試したりもしました。
材料少ないので素材にはこだわりたいし!
ということで、ミネラルたっぷりの国産塩を梅の重さに対して5%分、まぶします。




袋の隅に溶け残った塩が残りやすいので、これをしっかり溶かすことがポイント。
少しでも溶け残りがあると中の塩分濃度がさらに下がってしまい、より傷みやすくなるからです。



なるべく重ならないようにして、梅に対して2倍くらいの重さの重石をします。
これもポイント。

梅が潰れないくらいの重さで均一に重さが乗るとで、より早く梅酢が出るのです。



翌日には良い感じで梅酢が出てきました!
梅がかぶるくらいの梅酢が出るまで、重石は継続。

均一に漬かるために、上下裏返しながらその時を待ちます。

次回へ続きます。

#梅仕事 #梅干し作り

梅仕事

和歌山から小粒黄熟南高が届き、広がる良い香り❣️


去年は農家さんが怪我をされたこともあり梅の出荷が見送られたのですが、今年は復活!!
ですが、コロナの影響や天候不順により、ここまでの道のりも大変だったようです。
感謝しながら、まずは洗浄。






一つ一つ丁寧に拭いて星を取り、乾かしながらの追熟開始です。
追熟してから梅を洗う方が多いと思いますが、私は毎年このやり方。
完熟した梅は洗うのも拭くのもより傷つきやすいですからね。






熟したものから漬け込み作業に入りますが、本日の梅仕事はここまで。
次回へ続きます。
#梅仕事 #梅干し #黄熟南高

富澤商店HP レシピアップされました。

ホシノ酵母で作る基本のリエージュワッフルです。

tomizawa20200502.jpg

まずはプレーンな生地作りをマスターし、応用編として柚子の香りのワッフルも作ってみましょう!

またプレーンなワッフルは焼き上げた後にチョコ掛けして美味しくアレンジも可能です。

tomizawa20200503.jpg

一つの生地で3度楽しめるワッフルです。

レシピはこちらから → クリック

富澤商店HP レシピアップされました。

パン屋さんに負けない本格的なパンをご家庭で!

発酵種を作ることで、使用する酵母量もごく少量で、とっても味わい深いパンが焼き上がります。

tomizawa20200501.jpg

発酵種を作ったり、水分量が90%を超えるので、なんだか難しそうに聞こえるかもしれませんが、手間はほとんどかかりません。

発酵に合間には家事を済ませたり、買い物へ行ったり。

全行程は3日くらいかかりますが、この味わい深いパン、一度食べたら病みつきですよ!!

レシピはこちらから → クリック

富澤商店HP レシピアップされました。

これ、実はバレンタイン用に出していたレシピなのですが、
手違いでアップがこんな時季に、、、

tomizawa20200201.jpg

ですが、こちらは甘くない大人仕様だったのが良かったのか、
季節外れにアップした割にはご好評いただいたみたいで良かったです!!

中にはラム酒漬けしたクランベリー。
このクランベリーのほんのりとした甘さとビターなチョコ生地がマッチした大人のバゲットです。

tomizawa20200202.jpg

食事パンとして、またオードブルにもお楽しみいただけるパンにしてます。

レシピはこちらから! → クリック

どうぞお試しください!!

免疫力アップ! その3

今日は最近見かけることが多くなった「バーリーマックス」「スーパー大麦」の話。





オーストラリア政府が10年の歳月をかけて開発した“スーパーフード”で、非遺伝子組み換えの新種の機能性大麦で、普通の大麦とは区別して「スーパー大麦」と呼んでいるものです。


「スーパー大麦」は、一般の大麦に比べて2倍の総食物繊維と4倍の「レジスタントスターチ」を含むスーパーフードで、日本では2016年から販売されるようになった比較的新しい食材なのです。


「レジスタントスターチ」のほか、「フルクタン」「β-グルカン」という食物繊維も含まれており、これら3種類はそれぞれの大きさの違いから腸の全体へ行き届き、腸内の善玉菌のエサとなり、結果、腸内環境の改善に大きな期待が持てるのだそう。


人の免疫細胞の約7割は、腸内で生きていますので、腸内細菌の働きを良くすることは、免疫細胞の活性化につながり、免疫力を高めることになります。


腸内環境を整えて、免疫力アップ!

免疫力アップ その2

免疫力を高めるお話し続編。
今日は飲む点滴としても注目されている栄養満点の「麹甘酒」の巻き~




はい、こちらは水で戻しているところです。
ちょっとグロテスクにも見えますが、この物体は、、、、



麦麹と米麹でした!
どちらも味噌作りに使われる「麹」ですが、私は甘酒作りのために冷凍麹を購入して、使う分だけ戻して使っています。

配合は適当!笑
麦麹が多いとかなり甘くなるので米麹が8~9割、麦麹が1~2割くらいが好みかな。
水の量もひたひた位で。
混ぜた時に簡単にほぐれる程度戻せばOKです。



弱火にかけて常に混ぜながら最終的に62℃くらいまで加熱していくのですが、45℃くらいになると、米麹が粥状になってきて酵素分解が始まっているのが目でもわかります。

それ以上の温度に上げてしまうと麹が死滅してしまうので、加熱のし過ぎに気を付けて、、、
この温度帯を7時間くらいはキープさせれば甘酒の出来上がり!
炊飯器の保温機能を使って温度キープする場合もありますが、ウチには炊飯器がないので(ご飯は鍋で炊いてます)



そこで便利なのがこちらの保温ボトル。
ボトルの中をあらかじめお湯などで温めておくと、より効果的です。



甘い麹甘酒の出来上がり~




私は甘すぎるのは苦手なので、無調整豆乳を温めて、青汁を加えて毎朝飲んでおります。
ほどよい甘さに身体もほっこり。

麹パワーで免疫力アップ!