FC2ブログ

いろいろなお知らせ

富澤商店さんのHPにレシピアップされました♪

ふわっとリッチなレーズン食パン HB編


自家製サワークリームをたっぷりと使ったリッチなレーズン食パンをご紹介いたします。
サワークリームのほのかな酸味と保湿性によって、味に深みがあり、とってもふんわりとした美味しいパンがホームベーカリーで、たった2時間半程度※で作れちゃいます!
慣れてる方はこのレシピで1斤型で焼いてみても良いでしょう。

1910tomizawa02.jpg
1910tomizawa03.jpg



↓ ふわっとリッチなレーズン食パン HB編 のレシピはこちらからどうぞ。

クリック

**************

胡桃とクリームチーズのパン


いまやスーパーフードとしても名高い「胡桃」。 食物繊維やビタミンやミネラル、カルシウム、鉄分を多く含んだライ麦と胡桃のヘルシーかつ美味しいパンです。メープルシロップをたら~りとかけてお召し上がりください♪

1910tomizawa01.jpg

↓ 胡桃とクリームチーズのパン のレシピはこちらからどうぞ。

クリック


*********

パネトーネ酵母で作る ミルク食パン HB編


たった2時間半(※)でできるフワフワミルク食パンです。
パネトーネマザー酵母を使えば誰でも失敗無し!
捏ねはホームベーカリーにお任せ。
休日のブランチに、忙しい日の合間に。
焼成中の香りが漂ってくるとなんとも幸せな気持ちになれます。
※HB各社に表記の違いや時間の違いはあると思いますが、イーストモード、もしくは早焼きモードでお試しください。

190401tomizawa.jpg

↓ パネトーネ酵母で作る ミルク食パン HB編 のレシピはこちらからどうぞ。

クリック


*********

パネトーネ酵母で作る 惣菜ミルク食パン カレーオニオン&ベーコン 手ごね編

どなたも失敗の少ない扱い簡単なパネトーネマザー酵母を使った惣菜食パンです。
捏ね上げて発酵を待つのも良いですが、一晩発酵させることによって、更なる旨味もアップ! 作業を2回に分けると、1回の作業量と作業時間が減り、その分、拘束される時間も少なく済みます。
今回はカレーオニオンやベーコンを巻き込んだ2種類の惣菜食パンをご紹介しておりますが、お好きなお惣菜を巻いてオリジナル惣菜食パンを楽しんでみてください♪
朝食にランチに活躍してくれそうなパンですよ。

190402tomizawa.jpg

↓ パネトーネ酵母で作る 惣菜ミルク食パン カレーオニオン&ベーコン 手ごね編 のレシピはこちらからどうぞ。

クリック

*********
スポンサーサイト



2019年 シュトーレン予約販売のご案内

15110107.jpg


年々、ハロウィン仮装騒動が過熱しているように思えますが、
ハロウィンが終わると、街は一斉にクリスマスへと模様替えですね!

今年は天災に悩まされた年でもありました。
いまもなお、日常に戻れない方もいるかと思うと心苦しいですが、
せめてクリスマス、年末年始は大切な方とゆったりとした時間を過ごしてもらいたいと願うばかりです。

クリスマスと言えば。。。
今年もやってまいりました! 「シュトーレン」のご案内です!!

既にリピーターの方からは、早々と予約を頂いておりますが、
こうして月日を経ても覚えててくださること、リピーターの方に支えられていること。
本当に励みになります!!
(のんびりな私に、「道」を作り、行くべき方向へ「灯り」を灯してくださる皆さま、いつも本当にありがとうございます!!)

その期待に応えたく、今年も美味しいシュトーレンをお届けしたいと思っております!!
今年は昨年よりも製造数を少し押さえて、250個くらい作ろう!と意気込んでいるところです。

さて。

昨年11月から漬け込んでおいた1年もののミンスミートのできあがりも良い状態。
芳醇な香り、乳酸の甘酸っぱい香りが漂います。
今年のシュトーレンも、昨年同様、1~3年越しの超熟成ミンスミートを調整しながら配合します。

手間暇かかっておりますが、シュトーレンの魅力は「時が作る美味しさ」・・・これにつきます。

大変濃厚な味なので薄切りして召し上がっていただくのがおススメです。

15110106.jpg

私の作るシュトーレンは1本約10×15×厚さ3~4cm位、重さにして約230gくらいのもの。

作ってから最低1週間は熟成させた方が美味しい発酵菓子で、砂糖が溶けだしてくる頃が食べ頃となります。
ですので、到着時から召し上がれるように、出荷は製造後1週間後以上経ったものをお出ししております。

その後も熟成は続きますが、販売上、製造日より1ヶ月後までを賞味期限と表示しております。
ここだけの話ですが、乾燥しないように密閉して低温(冷蔵庫の野菜室)にて保存しておけば3~4ヶ月以上でも美味しくいただけます。

あくまでも個々の保存状態にもよりますが、1年後に食べて美味しかった!という方々や、冷凍しておいて夏場にアイスと食べたら美味しかったという声も!

実は「3年もの」を食べたことがあるのですが、身体には異常はなく(笑)、味はシュトーレンというよりチーズのようでした。
それはそれで別物として旨味の凝縮でしたが、個人的に「シュトーレン」として美味しいと思えるのは1年半くらいまででしょうか。。。
(長期熟成については個人の趣味の世界でお楽しみくださいませ~)

長くなりましたが、以下、詳細のご案内です。

*******************************

ご注文予約方法:私あてにEメールで、下記をご明記の上 お申し込みください。

ご注文予約受付:12月10日まで受付。
(ただしその前でもミンスミートがなくなり次第終了します。)

価  格: ご自宅用包装 1,500円(税込)、ギフト包装 2,000円(税込)
※シュトーレン材料(バター、ナッツ類、粉、ドライフルーツ等)全てにおいて価格が高騰しており、かつ消費税アップに伴い、
今年から値上げさせていただくことになりました。
大変申し訳ございませんが、ご了承ください。。。
   
配送方法:ゆうパックを利用しております。(発送地:東京)
箱のサイズや地域によって送料が異なります。
ゆうパックのHPに掲載された料金表価格をご請求させていただいておりますのでご了承ください。
(シュトーレンよりも送料が高いときがあるとちょっと恐縮なのですが。。。)

********************** ご 注 文 方 法 ***********************

迷惑メールとの混在を避けるために件名は「シュトーレン申し込み」でお願いいたします。

○ご住所 お名前 電話番号
○シュトーレンの本数
○配達希望日時
 ※時間帯は①午前中②12-14時③14-16時④16-18時⑤18-20時⑥20-21時⑦希望しない
○ギフト包装の有無
(ご自宅用包装はシールやリボンなどの装飾のない専用ビニールで密閉した状態です。)

※お支払い方法:請求書を同封いたします。商品到着後、お手数ですが指定した口座へお振込み願います。

※ご贈答品の場合は、お届け先のご住所、お名前・お電話番号・本数・荷着希望日を ご記入ください。

いただいたメールには必ずご返信いたします。その後、受付完了になります。

万が一こちらからの連絡が無い場合は、お手数ですが再度ご一報くださいますようお願いいたします。

15110105.jpg


15110104.jpg


召し上がり方や保存方法を記載したカードを入れております。

15110101.jpg


リボンやシールなどは毎年多少変えております。

15110102.jpg


ギフト箱は、有名菓子店などから注文を請け負う業者さんに特注で作ってもらいました。
接着剤などの配慮がされた食品用の箱となっております。


なお、シュトーレンはミンスミートがなくなり次第終了となります。
数に限りがございますのでお早めにご予約くださいませ。

そして肝心の私のメールアドレス(■を@に変えてくださいね)
pan_mania2003■yahoo.co.jp

お待ちしております♪

レシピ撮影 30品!

先日、都内某所にて、2日間かけての撮影がありました。

初めて出向いたスタジオでしたが、とても立派でビックリ!
TVCMなども手掛ける本格装備のスタジオでした。

19070501.jpg

今後も定期的に、このような撮影が始まるのですが、
初日は調理器具の所在から、使い勝手を体得するのに右往左往。

レシピは、前日にようやく入手できたものの、
予習時間も短く、イマイチイメージも沸いてないところ、
当日の状況で材料が変更したりするので、これまた右往左往。

撮影チームは2箇所で行われるので、こちらの料理が追いつかなくなったりで、
急げ!急げ!!急げー!!!

初日は気力、体力、使い果たす感じで終わりましたが、、、

19070502.jpg

2日目には要領も少しは掴み、写真を撮る余裕も。笑

料理撮影はやはり出来立てが大切なので、早く作り過ぎてもいけないし、
なかなかタイミング合わせるのが大変なのです。

19070505.jpg

ですが、今回は撮影チームのテクニック的なものも学ばせていただける良い機会ともなりました。
詳細は言えませんが、いろいろなやり方がるものですね。

19070503.jpg

毎度、撮影はアドレナリン放出するので、ぐったりもしますが、終わった後の爽快感がたまりません!

これだから楽しい、というちょっとした中毒作用も。笑

そして楽しいと思える一番の理由は仕事のパートナーが気ごころ知れてるというところも大きいんです。
私の食仕事のほとんどが関口絢子さん有りきのものばかり。
これまでもいろいろな体験させてもらって、本当に感謝です。

那須 パン屋巡り

新緑と温泉を目指してやってきた那須ですが、
最近はこの辺りがパン屋激戦区となっているとの噂を聞きつけ、気になるパン屋さんに立ち寄ってみることに。
まずは地図をチェック!

こんなにたくさんなので迷ってしまいます!
まずは高原エリアから。
左中央のあたりをクローズアップ!

NAOZO

林道を走っていると現れるシックなお店。
自家製天然酵母と薪窯焼成を売りにしたパン屋さんです。
入ってみると、まず大きな薪釜がお店の真ん中にあって圧倒されます。

平日10:30頃に訪れたのですが、オーブン前の、おそらくパンが並ぶハズであろうテーブルはご覧の通り、ものがない状態。
焼成スケジュールは決まっているようなので、ならば、と、
黙々と火力調整をされている背中を眺めながら、焼き上がりまでお茶して待つことに。

天井が高くて、窓も大きく、飛び込む緑か気持ちの良いテラス。

運良く最後の一個のクルミとレーズンのパンをゲットできたので、冷めたてをカットしてもらい、食べだしたらやめられない、止まらない!

一緒に食べたルヴァーブのタルトと焦がしバターの香りも加わって、とっても美味!


こちらは待ってる間に焼きあがったベーグルたち。
これを求めて来るお客さんも多いようで、どんどん車が押し寄せてきます。
そして、数分後に完売となりました。恐るべし!

クルミライ麦パンとバゲットが焼き上がりー。
こんな窯出し直後に購入できることって、なかなかないと思います。
こちらでの戦利品は以下。
クルミライ麦パン

少し酸味を帯びたパンなので、ハムやマスタードと相性が良さそうです。
チーズマフィンとブルーベリーマフィン

バター多めのリッチな味わいのマフィンです。
クルミとレーズンのパン

香りや雰囲気に加え、実際食べてもとっても美味しく、食いしん坊心に火がつくパン屋さんです。
次回は予約して伺ってみようと思います。
林道から外れ、さらに山奥に進むと現れるパン屋さん。
CROCE

こちらは古民家をリノベしたお店。


おばあちゃんのお家のような、または山小屋のような暖かさ。
パンのラインナップとしては、メロンパン、クリームパン、コッペパン、コロネ、、
といった昔ながらの日本のパン屋な感じ。

家庭的なクロワッサンとクランベリーとクルミのパンをゲット。

懐かしい気持ちになれるパン屋さんです。
続いて訪れたのは、
この界隈でもいくつかの支店を持つ少し規模の大きいパン屋さん。
クーロンヌ

東京のパン屋と変わり映えしないようなアイテムの多さとクオリティの高さ!

明日の朝にクロワッサン食べ比べしようという考えでこちらでもクロワッサンをゲット。

そしてこちらのスペシャリテ
ソルティードッグ

那須は車を走らせているとたくさのハム、ソーセージのお店があり有名のようですが、こちらに挟んだソーセージもまたジューシーで美味でしたー。塩とレモンのゼストがアクセント。
さて高原から離れ黒磯駅へ。
カネルブレッド

とてもおしゃれな雰囲気で、隣では、ジワジワとブームが来ているフラットホワイトが味わえるカフェが併設されていて、買ったパンを食べることもできます。

美味しそうなバゲット!
もう買いすぎてるので気持ちを抑えるのが大変です。笑

こちらのクロワッサンは見た目にも層の高さが出ていて、ザクッとした歯ごたえがこれまた美味。

最後に3つのお店のクロワッサン比較ー🥐

皆さまはどれがお好みでしょうか。
それにしてもこの辺り、パンのクオリティが高さに驚きました!
実は黒磯駅周辺にはもう一つ気になるお店があるのですが、それは次回の旅のお楽しみにしたいと思います。

ショートトリップ② タケイファームにてアーティチョーク収穫体験♪

1年前からTちゃん経由で予約をさせていただき、待ちに待ったアーティチョーク収穫体験!

19053109.jpg

テレビなどでも超有名な農家さん 「心を動かす野菜 タケイファーム」の武井さんから、畑の歩き方やアーティチョークの説明などを受け、

19053110.jpg

19053112.jpg

ネギ坊主の畑を超え、

19053113.jpg

フランスの品種のジャガイモ畑を超え、

今いる場所は第1ファームで、こちらにはミツバチもいて、アーティチョークの花が咲いたら、アーティチョークの花蜜を採取するのだそうです。
昨年は小瓶に400本もの蜂蜜が取れたそうですけど、日本でも世界においても、アーティチョークの蜂蜜なんて、聞いたことがありませんから、かなり貴重な蜂蜜に違いありません。
なんと、第2ファームは日本最大級のアーティチョーク畑があるそうです。それも見てみたかったなー。


いざ、アーティチョーク収穫開始!

19053114.jpg

色の入らないグリーンのものがあったり、

19053115.jpg

紫色の、蓮のような形のものがあったり、

19053117.jpg

近づくなよ~というオーラを出しているかのような、最強のトゲトゲアーティチョークがあったり。

それにしてもこれだけトゲに守られている芯の部分はどんななのでしょう。
花も綺麗なのでしょうか。

19053116.jpg

こちらもグリーンのタイプですが、よく見るとガクの開き方が違っており、また別もの。

実に様々な種類のアーティチョークがあるのですが、これらは同じ種から、まったく違うものが生えることがあるのだそう。

19053111.jpg

こちらもトゲトゲだけど一番美味しいという、スピノーゾ種は調理が危険そうなので、私は来年のお楽しみにしておきました。

19053123.jpg

そしてお友達が収穫したものもいろいろ!


そんなこんなで収穫を終え、調理実習に突入です。

19053118.jpg

捌き方を武井さんから学びます。

ガクをどんどん外していき、

19053119.jpg

工程をかなり端折りましたが、最終的にはこんなに小さな芯の部分が可食部となります。

そして、なんと、こちらを生でいただくことに。
そう、アーティチョークのカルパッチョです。

と言われたら、こんな並べ方だろうか、と私が盛り付けていると、お友達がワインやグラスを出したり、、、、
すごい、何このチームワーク!!

19053120.jpg

あっという間にスタイリングが完了して試食前の写真撮影!笑

19053121.jpg

こちらはライ麦100%のドイツパンに八角などの中国スパイスで味付けられたチャーシューと茗荷のせ。
クリームチーズにお酒に漬け込んだ杏を混ぜたディップと。

19053125.jpg

こちらはこのライ麦パンを作ってくださった登坂先生。

こんなに本格的なドイツパンを作れるなんて!!
と、美味しさに感動♪
これも出会いですから、早速講座を申し込ませていただきましたよ。
(この体験談はまた後日)



家に持ち帰ったアーティチョーク。
このまま観賞用に、、、、というのはもったいないので、

19053122.jpg

お友達に教えていただいたアーティチョークのリゾットを作ってみました。
ここにディルがあれば、色味的にも完成だったのですが、手抜きです。

19053124.jpg

ですが、チーズやフォンが入らない、アーティチョークの味わいをたっぷりと堪能できるリゾットでした。

そして、その後、来年の日程が決まったとの連絡が!!
もちろん、参加の意志を表明させていただきました。

楽しい体験をさせていただき、武井さん、そして主催者の方々、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

ショートトリップ① パンの聖地「ツオップ」で朝食を♪

久しぶりの訪問となりました。
パンが好きな人なら知らない人はいない、パンの聖地「ツオップ」

19053101.jpg

今日のメインイベントが行われる場所から徒歩圏内であるということで、
その前に腹ごしらえを!と、総勢8名の予約を取ってくださいました。

出発までに時間はあるということで、私は「ゆったり朝食セット」に。
選択肢として「しっかり朝食セット」も迷うところでしたが、ヨーグルトや3つの選べるFixingや選べるドリンクが多くついているという食いしん坊のハートに火をつける内容。

19053102.jpg

100%果汁ジュース(ブラッドオレンジ)
ヨーグルト、フレッシュフルーツ、ドライフルーツ
スープ

19053103.jpg

パンの盛り合わせ

デニッシュが売られているのは知っておりましたが、クロワッサンに出会ったのは初めて♪
テンション上がります!

19053104.jpg

3つのFixing(パンに塗って食べるペースト)

3人分のFixing、気になるものをそれぞれ頼んだら全部違う種類となり、大いに楽しめました。
これだけあると、1種ではなく、例えばレバーペーストとイチジクのコンポートを合わせて食べたり、クランベリーバターと杏ジャムを合わせて食べたり、とそれで更なる美味しさの広がりが!!

19053106.jpg

途中のドリンクは野菜ジュースに。リンゴの甘さで青臭さを全く気にせずにゴクゴク飲めちゃいます。

19053105.jpg

卵料理(私は「エビとオリーブのオムレツ」)

もうこの頃にはテーブルに乗り切れないほどの美味しいものたちに囲まれて、朝から幸せの絶頂~~~

19053107.jpg

食後のスイーツと飲み物(紅茶)

実はTちゃん以外、初対面の方々だったのですが、一緒に食事をするって、親しくなる一番の近道ですね♪

19053108.jpg

朝からパーティーのような盛り上がりでしたが、本当のメインはこれからです!

→ショートトリップ②へ続く

食パンブームに乗っかって

空前の食パンブーム到来で、私もふわふわーな食パンレシピを研究する日々が続いております。

201903tomizawa01.jpg

ふんわりーの秘密は生クリームが入ったり、マスカルポーネなどのチーズが入ったり。

201903tomizawa02.jpg

ホシノ酵母で作ったものやパネトーネ酵母で作ったものがありますが、
個人的にはパネトーネ酵母が気軽で短時間でできるため、とても気に入っております。

これらの研究成果は富澤商店さんで月2回アップされるレシピでお確かめください!

1月アップされた富沢商店さんのレシピ

FBから簡単に告知ができるようになっているので、どうもブログがおろそかになっております。
気が付けばもう2月も終わろうとしているし、、、、

1か月以上、ブログアップをさぼると変なスポンサーが出てしまうので、やはりマメにアップが大切ですね。

ということで、

1901tomizawa02.jpg

1901tomizawa01.jpg

1月アップされたのは、バレンタインを意識したチョコ味のクグロフと万人に喜ばれる抹茶のクグロフの二品。

どちらも2個づつ作れるレシピとなっているので、失敗したときの保険にもなる?!

小さ目なクグロフの型もありますので、たくさん作って配るのもよいかもしれません。
小さくする場合には焼き時間は短く、温度も少し低くするなど調整してみてくださいね!

新年あけましておめでとうございます

2019年の幕開けです。

このところ晴天が続き、心も澄み渡るようです。

2018年は夏以降バタバタと過ごしておりまして、例年のごとく11月以降は修行僧のような状況でした。
2019年の抱負を述べたいところですが、いまだ決まっておらず、、、汗

そんな中にも思うことは、

「一つでも二つでも何か新しいことを始めよう」

モチベーションが下がったり、気持ちがついてこない時もありますが、
「何かを得たい(習得したい)」という気持ちは失わずにいたいな、と
日頃から思っております。

さて
新年といえば、「ガレット・デ・ロア」の季節です。

19010101.jpg

→ 富澤商店さんで以前ご紹介したガレット・デ・ロワのレシピはこちらです。

が、「ブリオッシュ・デ・ロア(王様のブリオッシュ)」をご存知でしょうか。

フランスの中央より南の地方では、ガレットの代わりにブリオッシュでお祝いします。
中にお楽しみの「フェーブ」を入れるのは全土共通!
レシピは富澤商店さんのHPで公開中です。

tomizawa20181202.jpg

→ 「ブリオッシュ・デ・ロア(王様のブリオッシュ)」を見る

新年を祝って、初パン作りに是非ご活用ください♪

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年 シュトーレン予約販売のご案内

15110107.jpg


ハロウィンが終わると、街は一斉にクリスマスへと模様替えですね。

クリスマスと言えば。。。
今年もやってまいりました! 「シュトーレン」のご案内です!!

既にリピーターの方からは、予約を頂いておりますが、
こうして月日を経ても覚えててくださること、リピーターの方に支えられていること。
本当に励みになります!!
(のんびりな私に、「道」を作り、行くべき方向へ「灯り」を灯してくださる皆さま、いつも本当にありがとうございます!!)

その期待に応えたく、今年も美味しいシュトーレンをお届けしたいと思っております!!
今年は都立大学のお店でも販売のオファーがあり、300個くらいは作ろうと、意気込んでいるところです。

さて。
昨年11月から漬け込んでおいた1年もののミンスミートのできあがりも良い状態。
芳醇な香り、乳酸の甘酸っぱい香りが漂います。
今年のシュトーレンも、昨年同様、1~3年越しの超熟成ミンスミートを調整しながら配合します。

もちろん手間暇もかかっておりますが、シュトーレンの魅力は「時が作る美味しさ」・・・これにつきます。

大変濃厚な味なので薄切りして召し上がっていただくのがおススメです。

15110106.jpg

私の作るシュトーレンは1本約10×15×厚さ3~4cm位、重さにして約230gくらいのもの。

作ってから最低1週間は熟成させた方が美味しい発酵菓子で、砂糖が溶けだしてくる頃が食べ頃となります。
ですので、到着時から召し上がれるように、出荷は製造後1週間後以上経ったものをお出ししております。

その後も熟成は続きますが、販売上、製造日より1ヶ月後までを賞味期限と表示しております。
ここだけの話ですが、乾燥しないように密閉して低温(冷蔵庫の野菜室)にて保存しておけば3~4ヶ月以上でも美味しくいただけます。

あくまでも個々の保存状態にもよりますが、1年後に食べて美味しかった!という方々や、冷凍しておいて夏場にアイスと食べたら美味しかったという声も!

実は「3年もの」を食べたことがあるのですが、身体には異常はなく(笑)、味はシュトーレンというよりチーズのようでした。
それはそれで別物として旨味の凝縮でしたが、個人的に「シュトーレン」として美味しいと思えるのは1年半くらいまででしょうか。。。
(長期熟成については個人の趣味の世界でお楽しみくださいませ~)

長くなりましたが、以下、詳細のご案内です。

*******************************

ご注文予約方法:私あてにEメールで、下記をご明記の上 お申し込みください。

ご注文予約受付:12月10日まで受付。(ただしその前でもミンスミートがなくなり次第終了します。)

価  格:ご自宅用包装1,400円、ギフト包装1,800円
※シュトーレン材料(バター、ナッツ類、粉、ドライフルーツ等)全てにおいて価格が高騰しておりますが、昨年と同価格で販売させていただきます!
   
配送方法:ゆうパックを利用しております。(発送地:東京)
箱のサイズや地域によって送料が異なります。
ゆうパックのHPに掲載された料金表価格をご請求させていただいておりますのでご了承ください。
(シュトーレンよりも送料が高いときがあるとちょっと恐縮なのですが。。。)

********************** ご 注 文 方 法 ***********************

迷惑メールとの混在を避けるために件名は「シュトーレン申し込み」でお願いいたします。

○ご住所 お名前 電話番号
○シュトーレンの本数
○配達希望日時
 ※時間帯は①午前中②12-14時③14-16時④16-18時⑤18-20時⑥20-21時⑦希望しない
○ギフト包装の有無
(ご自宅用包装はシールやリボンなどの装飾のない専用ビニールで密閉した状態です。)

※お支払い方法:請求書を同封いたします。商品到着後、お手数ですが指定した口座へお振込み願います。

※ご贈答品の場合は、お届け先のご住所、お名前・お電話番号・本数・荷着希望日を ご記入ください。

いただいたメールには必ずご返信いたします。その後、受付完了になります。

万が一こちらからの連絡が無い場合は、お手数ですが再度ご一報くださいますようお願いいたします。

15110105.jpg


15110104.jpg


召し上がり方や保存方法を記載したカードを入れております。

15110101.jpg


リボンやシールなどは毎年多少変えております。

15110102.jpg


ギフト箱は、有名菓子店などから注文を請け負う業者さんに特注で作ってもらいました。
接着剤などの配慮がされた食品用の箱となっております。


なお、シュトーレンはミンスミートがなくなり次第終了となります。
数に限りがございますのでお早めにご予約くださいませ。

そして肝心の私のメールアドレス(■を@に変えてくださいね)
pan_mania2003■yahoo.co.jp

お待ちしております♪