みんなのパン作り

ベーグル講評

応用クラス「ベーグル」を終えて、生徒さんから以下の質問が寄せられましたので講評したいと思います。



*******************


ベーグルでお聞きしたいのですが、教室で仕込んだ生地のものも、家で新たに作ったものも、表面が皮のようになってしまって、堅くてとても食べにくくなってしまいました。中は柔らかくておいしかったですが・・・。かぶりついても噛み切りにくいという感じの堅さです。
家でやったときにはゆでる時間も計ったりしましたが、何が原因なのでしょう?



スポンサーサイト

テーブルロール講評

基礎クラス「テーブルロール」を終えて、生徒さんから以下の質問が寄せられましたので講評したいと思います。


*******************

先日は「テーブルロール」の講習ありがとうございました。バリエーション豊かにアレンジできるパンっていいですね。とてもおいしかったです。翌日、お持ち帰り生地で復習しました。写真添付しましたので、アドバイスお願いします!



ベーグルいろいろ

今週末は応用クラスでベーグルを作りますが、そこに参加予定のKさんは以前よりベーグルが大好きで、いろいろなタイプのベーグル作りに挑戦されております。

そういえば先日もレーズン酵母のベーグルの会に参加してくださっていたのよね。

そして今回はイースト?で作ったベーグルの写真を送ってくださったのでご紹介させていただきます♪

 ←Kさん作 ベーグル

ん~実に色艶やか。左からほうれん草、人参、胡麻のベーグルだそうです。ほうれん草は茹でて細かく刻んだものを、人参は摩り下ろして水分をギュッと絞った後の実の部分を生地に混ぜ込んだそうです。お野菜は生地にするときに水分量がポイントとなってきますが、とても上手にできてると思います。成型もきれいだし、色艶がいいところを見ても成功したベーグルだということが一目瞭然、よくわかりますね。

変形のベーグルは、前回のレーズン酵母でご紹介したもの。気に入ってもらえたようで嬉しいです。

これまでもココアを生地に入れたり、チョコチップを入れたり、シナモンレーズンのベーグルを作ったりとベーグル作りに熱心なKさんにベーグルマスターの称号を勝手に授けたいと思います(笑)。

皆さんのパン作りサポートします!!

今日は、私以上にどっぷりとパン作りにはまっている生徒のMさんのパンをご紹介します。


 ←Mさん作 1回目 ←Mさん作 2回目

テーブルロール特訓だったのでしょうか?
こんなにも大量のテーブルロールを作るなんてスゴイですね!!
その成果があったか、1回目と2回目では上達していらっしゃるのが一目でわかります!


そして一つ質問を預かりました。同じ生地にラミーフルーツを巻き込んだら焼き色が薄くなったそうです。


私が思うに基本的にラミーが入ったからといって、そのような差異は現れないと考えます。ではどうしてそのような差が出たのでしょうか?

原因の一つは発酵時間にあるかもしれません。
成型をやるにあたって、通常のものよりも時間がかかったために、結果的に発酵がオーバー気味になり、色が薄くなったと・・・。


今回の例ですと、状況が見えにくいためにこのくらいの回答しかできませんが、


・正面写真(全体の様子)


・断面写真(気泡の様子)


・パンの裏側(天板にあたる部分)の焼き色がわかる写真

・パンのレシピ(私が教えてる内容のものなら名前だけでOKです)

・香りや味の感想

・どのような工程を踏んだのか

といったことを明記していただくとより正確に検証できるかと思います。

もし皆さんの中で「どうして?」ということがあれば、海野までメールでお寄せください。このブログをみて興味を持たれた方なら、ミモザの会員以外でも受け付けますよ。できる限りの範囲でお応えしたいと思います。

ちなみにこの後、授業でMさんにお会いしてお話を詳しく伺ったら、当日シフォンケーキを同時に焼いていて足りない材料があったからと買い物に行った為に2時間ほど発酵時間をとってしまったのだとか(なんだか微笑ましい。笑)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。