北海道

北海道 道央周遊の食旅 ⑪滞在最終日 羊蹄山半周、ニセコ連邦に寄り道しつつ、支笏湖へ そして新千歳空港へ

マッカリーナに別れを告げて、羊蹄山を半周しようとニセコ連邦をドライブ。

14072009.jpg

今日は夏であることを忘れるくらい肌寒く、足湯なんぞないかなーと立ち寄った五色温泉では震えるほどの寒さ!

14072010.jpg

温泉をますます恋しく思いながら羊蹄山半周ドライブは続きます。


途中、ふきだし公園へ。

14072011.jpg

羊蹄山の湧き水を目当てにたくさんの人が水を汲んでおりました。

14072012.jpg

こうゆうところに住んでいたら水を買うことってよっぽどないでしょうね。

14072013.jpg

のどかな牧場などを脇目に、賑わっているようでしたので入ってみた「きのこ王国」

14072014.jpg

キノコ汁やキノコおにぎりなどキノコ料理が安価で食べられるほか、近隣の畑で採れた美味しそうな果物たちが売られていたり。

14072016.jpg

14072018.jpg

14072019.jpg

そして昨日食べた仁木町産佐藤錦を発見し、もちろん購入!

14072017.jpg

ドライブ中に食べやすいし、ちょうど良いんですよね!

たくさんの野菜を煮込んだ「大滝煮込み」という郷土料理もいただきました。

14072020.jpg

野菜がトロトロに煮込まれていて、一味でピリ辛。豚汁のようなシチューのような。
栄養満点!美味しかったです。

14072021.jpg

14072026.jpg

支笏湖までたどり着くとあいにくの曇り空で、昨日の洞爺湖と景色が変わらない感じがしますが(涙)、「苔の洞門」を見てみたかったんですよね。

14072022.jpg

洞門へ行くまでには林を20分くらい歩いて抜けていきます。

14072023.jpg

熊も出るのだそうです。

14072024.jpg

一部で岩盤が崩落したそうで危ないという理由で今は通行禁止ですが、以前はこちらの入り口から苔に囲まれた岩場を400Mほど歩けたそうです。

14072025.jpg

深さは最大約10Mのところもあるようで、緑のビロードの道を歩いてみたかったなー。


さてそろそろ旅も終わりです。

北海道旅行、締めの食事は、新千歳空港に入った「ドライブインいとう」の豚丼!

14072029.jpg

各所食べ歩いているお友達が帯広のよりも美味しい!と言っていたのを思い出し、入店。

豚丼のアレンジ丼もあり、炙りチーズのせや特製マヨネーズをトッピングしたものも。

ヒレ丼

14072028.jpg

脂身がない分ヘルシーな感じですが、少々固さが気になります。

とろーり温泉たまご豚丼

14072027.jpg

やはり豚丼には適度な脂身が美味しいと思いました。

たれが濃いので卵と合わせるとマイルドになり、とっても美味しくて、確かにこれなら帯広の「」より美味しいかも!
ニンニクが少しきいているのが好みだからかもしれません。
山椒パウダーと生姜パウダーが置いてあり、山椒をかければウナギの蒲焼きのような味わいで、生姜をかけると今度は生姜焼き風に。

次回、またいつ北海道へ行けるかわかりませんが、新千歳空港での楽しみができました。

14072030.jpg
スポンサーサイト

北海道 道央周遊の食旅 ⑩「マッカリーナ」の二日目の朝

アツアツの石のトレイの上のせられた本日のパンはこちら!

14072001.jpg

大きなパンが二つあり、パンナイフ欲しいなーと思って裏をみたら切れ目が入っており、配慮済みでした。

14072007.jpg

ジャムも昨日のとは違うのね。
何種類作っているのでしょう?

14072006.jpg

今朝は絞りたてのオレンジジュースと牛乳。

14072002.jpg

半熟卵

14072003.jpg

そしてオカヒジキやサーモンのマリネなど。

14072004.jpg

サラダは今日も山盛りで。
採れたて野菜は美味しいですね!
もりもり食べられてしまいます。


デザートにヨーグルト

14072005.jpg

今日は晴れるかなー?

14072008.jpg

少し青空が見えてきました。

北海道 道央周遊の食旅 ⑨「マッカリーナ」の二日目

2日目は宿泊者限定メニューであるテロワールを頂きました。

こちらはメインに鶏一羽使うということで、二人で同じコースを頼まなくてはいけないために、二人とも必然的にテロワールとなります。

14071909.jpg

夜にフルコースは重いのでまだ陽が落ちないうちから乾杯することにしました。

14071910.jpg

アミューズ

14071911.jpg

夏野菜の前菜 マッカリーナの香りを添えて

14071912.jpg

牡蠣のカクテル ババロア

14071913.jpg

松川カレイのポワレ

14071914.jpg

茹で立てのブロッコリー

14071915.jpg

真狩村 越冬じゃがいものスープ

14071916.jpg

蕪とアサリのア・ラ・ヴァップール ボタンエビのスープ仕立て

14071917.jpg

ほろほろ鳥のロースト ソース・ポワブル・ヴェール
大根の蒸し焼きと

14071918.jpg

ナナツホシの炊き込みご飯と
この時点でかなりお腹がいっぱいですが、ご飯が美味しいと食べ進めてしまうんですよねぇ。困ったものだ。

14071919.jpg

北海道チーズの盛り合わせ チモシー、コパン、青いチーズ

14071920.jpg

北海道 仁木町産さくらんぼのシェリー酒のフランベ
朝搾り牛乳のソルベを添えて

14071921.jpg

プティフールとカフェ

本当に素晴らし料理の数々で、北海道は日本の中で唯一、自給自足ができているところだと実感できます。
それも高品質の。
素材の質の高さ、そして料理人がそれらを最大限に活かす腕前の高さ。
こういった質の高さは日本の誇りだと思います。
海外の要人たちが訪れる理由もわかりますね。

14071922.jpg

北海道 道央周遊の食旅 ⑧洞爺湖へ

あいにくの天気は続き、ガスって景色がイマイチ。

14071902.jpg

洞爺湖畔にある足湯に浸かりながらしばし今後の作戦タイムです。笑

14071901.jpg

とりあえず湖畔一周、車を走らせ、高台の上にあるウィンザーホテルへ立ち寄ってから帰ろうということになりました。

14071903.jpg

途中の道の駅では美味しそうな野菜や果物!
ルバーブ買って帰りたいー!!

14071906.jpg


さて、ホテルのある高台へと向かいます。

14071908.jpg

今回の旅に組み込むかどうか迷った「ミッシェルブラ」のお店。
それがウィンザーホテルにありまして、これ以上食べることはできませんが、一目見ようとやってきたわけです。

14071907.jpg

ですが、ガラスの奥に広がっているだろう洞爺湖は全く見えず、一面の霧。

レストランがある階まで行ってみましたが、完全に怪しい人々になっておりました。笑
結果、高級感と格式の高さだけはたっぷりと味わうのみとなってしまいました。

こんな天気の日は温泉にゆっくり入っていた方が良かったかもしれませんねー。

14071904.jpg

山頂の見えない羊蹄山界隈をドライブし、再びの夜を迎えたのでした。

14071905.jpg

北海道 道央周遊の食旅 ⑦マッカリーナの静かな夜と清々しい朝食

宿泊棟には宿泊者共用のバーラウンジがあり、お酒も各種揃っておりますが、ハーブティーもあり、気が利いてます。

14071840.jpg

好きなお酒やカクテルなどを作ってラウンジで楽しむもよし、部屋に持ち帰って楽な格好に着替えてのんびりとくつろぐもよし。

14071841.jpg

こうして静かに夜は更けていき、翌朝。

14071842.jpg

あいにくの曇り空で羊蹄山は麓しか見えませんが、太陽が隠れていると夏とは思えないほど涼しく、鳥の声が響き渡ります。

14071843.jpg

お楽しみのJIN(真狩村の有名なパン屋さん)のパンがとっても美味しそう!!

14071845.jpg

羊蹄山の麓で採れたトマトのジュースは濃厚で朝に嬉しい一杯です。

14071844.jpg

前菜にたっぷりのサラダにオニオンスープ。

14071846.jpg
14071847.jpg
14071848.jpg

パンは大量なのでジャムと一緒に持ち帰りの袋もつけてくれます。

14071849.jpg

デザートのフロマージュブランにフルーツ。
コーヒーはピッカピカに磨かれた銀のポットにたっぷりと。

朝から幸せー。
良い一日になりそうです。

14071850.jpg

ミシェルブラさんもこちらでお食事を楽しんだのですねー。
いつかは行きたいフランスのミシェルブラさんのお店。洞爺湖にもあるのでちょっとのぞいてみようか…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。