関西

雅を求めて 京都日帰り旅行④ 祇園界隈

13093022.jpg

ここ祇園界隈は完全に観光化された街並みではありますが、京都の老舗有名店が立ち並び、お土産などを買うのには便利なところです。

13093023.jpg

そんな中、お漬物屋さんで全国的に店舗展開する「西利」が運営する、ぬか漬けを啓蒙するアンテナショップ「風土食品(Fuud,Food)」を発見!

なんと、関口絢子さんがこちらの小冊子「4つの漬物語り」で登場しているとのことで、許可を得て写真撮影。笑

本人もお店に来るのは初めてだったそう。

その模様は関口絢子さんのブログでも紹介しておりますのでそちらをご覧ください。→ クリック

13093024.jpg

スタイリッシュなガラス張りで、漬物たちがおしゃれな雑貨のように並んでいて。

かつてどこの家庭にもヌカ床があるのが当たり前でしたし、食卓にいつも登場していたものでしたが、最近は漬物離れがあるのかもしれませんね。

13093025.jpg

身体に良いことは、良いものを食べることから。

漬物は植物性乳酸菌によって作られるもので、ヨーグルトの動物性乳酸菌よりも日本人の体質には適合しているのだとか。

漬物は日本の伝統食。

私もヌカ床はじめてみようかしら。
そんな気持ちにさせられたお店です。

お近くに行かれた際には是非チェックしてみてくださいね!!
スポンサーサイト

雅を求めて 京都日帰り旅行③ 世界遺産 天龍寺

1239年、足利尊氏によって作られた禅寺ですが、その後の度重なる消失により、現在ある建物は明治時代後半以降に再建されたものだそう。

13093016.jpg

13093018.jpg

とはいえ、曹源池庭園の美しさ、佇まいは約700年前の面影をとどめているそうで。

13093017.jpg

この景色を眺めていると、長い歴史の中にも変わらない美意識というものが、日本人のDNAの中には存在するのだととつくづく感じてしまいます。

13093020.jpg

そして、その美意識が世界にも認められ、世界遺産となりえたことは素晴らしいことですね。

13093021.jpg

この庭園も秋はこの上なく美しいそうで、いつしかまた訪れてみたいと思います。

13093019.jpg

雅を求めて 京都日帰り旅行② 緑の世界へ

さて、次に向かった先は京都を超え、JR馬堀駅へ。

先日の台風の影響で、保津川の川下りはできない状況でしたが、他における復旧の早さが素晴らしく、私たちのできることは観光客になってお金を使うこと!
それが景観を守る維持費につながればと思うところです。

13093009.jpg

さてそこからトロッコ亀岡駅へ。
そう。まだ乗ったことがなかったトロッコ列車に乗るためです。

13093010.jpg

13093011.jpg

川の流れは濁りながらも美しく、これから迎える紅葉のシーズンはさぞかし素晴らしいのでしょうね。

13093012.jpg

嵯峨野まで行くトロッコですが、途中下車の旅を楽しむべく、嵐山下車。

13093013.jpg

13093014.jpg

木漏れ日が上の方で瞬く竹林の道。

13093015.jpg

凛とした緑の世界に心が洗われました。

雅を求めて 京都日帰り旅行① 伏見稲荷大社

朝7:30品川発の新幹線に乗り込んで、いざ京都へ!
朱の世界、伏見稲荷へ着いたのは10時前だったでしょうか。

13093008.jpg

京都でも大好きなスポットでこれまでも4回くらい訪れておりますが、上まで行ったことは一度あったかどうかの遥か遠くの記憶。

13093001.jpg

たいていは二股に分かれた鳥居が一本の道になるまで歩いて戻ることが多いのですが、今回は上を目指します!

13093002.jpg

上にあがっていくにつれ、人も少なくなりますが、ジョギングしている人もいて、これを毎日やっていたら、気分も良いし、精神も健康も鍛えられそうです。

13093003.jpg

13093004.jpg

息も切れますが、神聖な気持ちになれて心地よいです。

13093005.jpg

眼力社、御膳谷と無数の塚を参拝し、稲荷山山頂にある上ノ社まで参拝して参りました。

13093007.jpg

そこで引いたおみくじの結果も大吉で上ってきた甲斐があるというもの!

13093006.jpg

本殿に戻ってこれたのはおよそ2時間後。
参拝を兼ねてたっぷりとウオーキングを楽しめました。

梅収穫を終えて・・・

南紀白浜空港へ行く道すがら、洋食屋の「アラカルト」でご飯をご馳走になりました。

なんと、田本家が3世代に渡ってのお付き合いだというこのお店。
巣立った娘さんたちも、そのお子さんたちもこのお店が大好きなのだとか♪

そんなわけでお店の人たちとも仲良しで、こんな顔なじみのお店があるっていいですよね。

さて、注文したのは日替わりランチ。

シーフードとベーコンのクリームスープ

11061302.jpg

クラムチャウダーの具だくさんバージョンで、家庭的な優しい味。
とっても美味しい~♪

ミニサラダ

11061303.jpg

単なるサラダと思うなかれ。
素材が美味しいということは何よりの美味しさなのですよ~。

ローストポークスライス
小海老のフライ タルタルソース
マカロニサラダ
牛の生姜煮


11061304.jpg

こちらはワンプレートで。
どれもしっかりと手作りされており、特に生姜煮やローストポークはご飯が欲しくなる味付け。
ご飯にすればよかったーとパンをつまみつつ、
結構なボリュームの一皿。美味しいのであっという間に完食!

デザート

11061305.jpg

オレンジのシャーベットとブラッドオレンジのソース♪

どれもちゃんと作ってあり、田本家が足しげく通うのがわかる気がしました♪

昼時は混んでて入れないこともあるそうですよ。

そして道を挟んだ駐車場スペースの脇に見事なアーティチョークの花が!!

11061306.jpg

こんなにたくさん咲いているのを見たのは初めて!!

11061307.jpg

アーティチョークはイタリア食材で、花蕾の額部分を食べるのですが、日本ではまだまだ食材として馴染みが薄いこともあり、どちらかというと「高級花」の方が定着しているかもしれませんね。

11061308.jpg

お花が開いているものばかりだったので、お店の方に聞いてみると、今は料理にはほとんど使っておらず、良い状態のものをお花屋さんに卸しているのだそうです。

そしてこちらはもう5年くらい自生しているのだとか。
これだけアーティチョークが育っているなんて、日本広しといえどもなかなか見られない光景です。

和歌山にはたくさんの素晴らしいものがあるなぁ~。
そんな思いに浸りながら家路に着くのでした。

田本さん、今年も本当にお世話になりました♪

アラカルト (レストラン(その他) / 紀伊新庄駅朝来駅

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。