私のパン

アップルシュトゥルーデル

オーストリア発祥のりんごのお菓子です。

発酵させないのですが、パン屋のお菓子として売られてるのも最近は見かけるような気がします。
生地をとにかく薄く伸ばすのがポイントなのですが、あれこれ試行錯誤しながら、ようやくレシピとして完成しました。
次回の富澤商店さんのレシピをお楽しみに♡
スポンサーサイト

今年もシュトーレンご注文承ります!

ハロウィンが終わると、街は一斉にクリスマスへと模様替えですね。

最近は寒気の影響で、一気に冬が来たかのよう。
クリスマスムードを加速させますね。

クリスマスと言えば。。。
そう!シュトーレンの季節です!!

今年はバター購入制限がまだなく、それだけでも少し気持ちに余裕を持って作業できそうです。

既にリピーターの方々から問い合わせを頂き、既に50個を上回る注文が入ってきております。
こうして月日を経ても覚えててくださること、リピーターの方に支えられていること。
本当に励みになります!!
(のんびりな私に、「道」を作り、行くべき方向へ「灯り」を灯してくださる皆さん、いつも本当にありがとうございます。)

その期待に応えるべく、今年も美味しいシュトーレンをお届けしたいと思っております!!
今年も昨年同様に220~230個くらいは作る予定です。

さて。
昨年11月から漬け込んでおいた1年もののミンスミートのできあがりも良い状態。
芳醇な香り、乳酸の甘酸っぱい香りが漂います。
今年のシュトレンも、昨年同様、1~3年越しの超熟成ミンスミートを調整しながら配合しますよ。

もちろん手間暇もかかっておりますが、シュトーレンの魅力は「時が作る美味しさ」・・・これにつきます。

大変濃厚な味なので薄切りしていただくと美味です。

15110106.jpg

私の作るシュトーレンは1本約10×15×厚さ3~4cm位、重さにして約230gくらいのもの。

作ってから最低1週間は熟成させた方が美味しい発酵菓子で、砂糖が溶けだしてくる頃が食べ頃となります。
その後も熟成は続きますが、販売上、製造日より2ヶ月後までを賞味期限と表示しております。
ここだけの話ですが、乾燥しないように密閉して低温(冷蔵庫の野菜室)にて保存しておけば3~4ヶ月以上でも美味しくいただけます。

保存状態にもよりますが、1年後に食べて美味しかった!という方々や、冷凍しておいて夏場にアイスと食べたら美味しかったという声も!

実は「3年もの」を先日開封して食べてみましたが、身体には異常はなく(笑)、味はシュトーレンというよりチーズのようでした。
それはそれで別物として旨味の凝縮でしたが、個人的にシュトーレンとして美味しいと思えるのは1年半くらいまででしょうか。。。
(長期熟成については趣味の世界でお楽しみくださいませ~)

長くなりましたが、以下、ご注文の案内です。

*******************************

ご注文予約方法:私あてにEメールで、下記をご明記の上 お申し込みください。

ご注文予約受付:12月4日まで受付。(ただしその前でもミンスミートがなくなり次第終了します。)

価  格:ご自宅用包装1,400円、ギフト包装1,800円
※シュトーレン材料(バター、ナッツ類、粉、ドライフルーツ等)全てにおいて価格が高騰しておりますが、昨年と同価格で販売させていただきます!
   
配送方法:ゆうパックを利用しております。(発送地:東京)
箱のサイズや地域によって送料が異なります。
ゆうパックのHPに掲載された料金表価格をご請求させていただいておりますのでご了承ください。
(シュトーレンよりも送料が高いときがあるとちょっと恐縮なのですが。。。)

********************** ご 注 文 方 法 ***********************

迷惑メールとの混在を避けるために件名は「シュトーレン申し込み」でお願いいたします。

○ご住所 お名前 電話番号
○シュトーレンの本数
○配達希望日時
 ※時間帯は①午前中②12-14時③14-16時④16-18時⑤18-20時⑥20-21時⑦希望しない
○ギフト包装の有無
(ご自宅用包装はシールやリボンなどの装飾のない専用ビニールで密閉した状態です。)

※お支払い方法:郵送の場合は「郵便振込み用紙」とご請求書を同封いたします。

※ご贈答品の場合は、お届け先 送り先のお名前・お電話番号・本数・荷着日を ご記入ください。

いただいたメールには必ずご返信いたします。その後、受付完了になります。

万が一こちらからの連絡が無い場合は、お手数ですが再度ご一報くださいますようお願いいたします。

15110105.jpg

15110104.jpg

召し上がり方や保存方法を記載したカードを入れております。

15110101.jpg

リボンやシールなどは毎年多少変えております。

15110102.jpg

ギフト箱は、有名菓子店などから注文を請け負う業者さんに特注で作ってもらいました。
接着剤などの配慮がされた食品用の箱となっております。


シュトーレンはミンスミートがなくなり次第終了となります。
数に限りがございますのでお早めにご予約くださいませ。

そして肝心の私のメールアドレス(■を@に変えてくださいね)
pan_mania2003■yahoo.co.jp

お待ちしております♪

本日の夜な夜なは講習会の復習

ツオップで仕込んだグラハムブレッドの生地が2日がかりでちょうどよく発酵してきたので焼いてみました。
講習会の内容も含め、詳細はまた後ほど。

今は黒糖ノアチェリーの2次発酵待ちでして。パンの後ろにある発泡スチロールの箱に鎮座しております。
出来栄えはともかく、クープが開くと気持ちも上がります!

本日の夜な夜な 

明日、お友達のお宅でワイン会が開かれるので、それに合わせてパン・ロデブとパテ・ド・カンパーニュを作ってみました。

蒸し焼き後にピタラップで粗熱取り中。
脂多めだとうまくコーティングして色味もキープされるのだろうけど、見た目イマイチかも😅
うまく焼けてるかなー。
こうゆう時は保険で多めに焼かないとね。
皆さんのお口に合うといいなー。

無成形なロデブ。中の気泡は良い感じになってそう。😄
グルメな皆さんなのでドキドキです。😅

クロワッサン ワークショップ コルドンブルー 代官山

久しぶりのコルドンブルー。

自分としては、さほど昔のことではない気がしておりましたが、パンの基礎講座を受けていた当時の画像の日付を見ると、
な、なーんと2002年のことでした!

当時はオープンしてまもない横浜校に通っていたのですよねぇ。懐かしい。。。。
今やそんな時代を知る人も関係者くらいか…汗

パンを作り続けているのでブランクは感じないものの、代官山はどんな感じなのかしら~と
ちょっとドキドキ♪

最近は海外の方も多く、この日も韓国の方がいらっしゃいました。
シェフはフランス人。通訳の方がつくので安心です。

シェフ5種類、生徒側は3種類の様々なクロワッサンを作りました。

16030301.jpg

シェフの丁寧な仕事が伝わってくるデモンストレーションをガン見して、いざ、折り込み作業開始!

16030302.jpg

今回の一番の収穫はこの2色のクロワッサン。
これはいろいろと応用ができそうです♪

16030303.jpg

伸ばして、伸ばして、折り込んで。

16030305.jpg

何度やっても成型は緊張します。

16030304.jpg

6時間の中で折り込みは機械を使わず手作業でしたし、これだけ成型ができるというのは、とても充実した意味のある講座でした。

こういった単発さえも全く参加してこなかったので、今後は良い講座があれば積極的に参加したくなりました。

16030306.jpg

コックコートは持っているものの、なにしろ久しぶりだし、ダブリエのみで。

16030307.jpg

現在の本科シェフは、メゾンカイザーやモキチベーカリーで職人を務めていた方。
折り込みもとても丁寧で、成型も美しく。この先生ならもっといろいろと教わりたい!!そんな気にさせる方でした。

翌日は、、、やはり腕が筋肉痛!
身体が鈍り過ぎていて、反省です。日ごろの運動大事ですね。