2007年03月

本日作ったパンたち

 
基礎クラス「ゼザム(胡麻)パン」

今日は基礎クラスの授業で、「ゼザム」と題して胡麻の入った生地で作る包餡の練習です。


中の具材はカボチャ、クリームチーズ、さらし餡から作るプレーンな餡子、胡麻餡、そして今日は特別に桜餡も加えて盛りだくさん!


クリームチーズはカボチャと相性がいいし、桜の葉を刻んだものと合わせてもGOOD!餡はカボチャと合わせて茶巾のようにして生地に包み込めば和菓子風にも。


成型の仕方も通常の包餡、カボチャの成型、平焼き・・・とバリエーション豊かにできあがりました。


基本的なことはお伝えした上で、後は皆さんの好きなよう~にやるのがミモザ流。  さ~、いろいろ作っちゃいましょ、世界で一つのオリジナルパンね♪


 ←P社 試作品「パネトーネ」

季節外れではありますが、イタリアのクリスマス用のパン「パネトーネ」は、ミモザのフランス菓子講師、荒井先生がP社と協力して開発しているもの。サンプルとしていただいたので早速作ってみました。本来の商品にセットで入っているオレンジピールとラム酒漬けレーズンは、ちょうど自宅に自家製のものがあったので、それを使っております。その他はセット内容のものを使用しておりますのでご参考までに。

パネトーネ特有のパネトーネマザーは、乳酸発酵の香りが心地よく、オレンジピールとも好相性。イタリアのパネトーネは少々パサツキ感がありるのですが、これは焼き上げた翌日もしっとりしており、これを試食した関口先生は思わず購入して帰ったほどに好評でした。(ミモザの生徒さんも、もちろん購入可能ですよ。ただし、在庫に限りがありますのでお早めに!)


 
G社への卸商品「コーンフランス」

私が個人的にG社さんに卸しているパンです。

今日は、発酵生地でスウィートコーンを20%入れたコーンフランスを作りました。

超熟の生地の甘さとコーンの甘さが程よく、食事パンとして味わってもらいたいパンです。

いや~、今日はパン盛りだくさんの日でした~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。