2011年07月

リストランテ・ダ・トシユキ 再び・・・

何度かこちらでもご紹介している大田区萩中の「リストランテ・ダ・トシユキ」ですが、ディナータイムに伺うのは初めて。

これまで急に空いた土曜日などにランチで電話をかけるも満席敗退。
約4ヶ月のブランクを経ての訪問となりました。

11080301.jpg

アラカルトを眺めながら、やはりお得そうなCena Cittaコースをいただくことに。

11080302.jpg

Stuzzichino 小さなコロッケとメンチ

突き出しなどは大抵すぐに出せるようなものを出すお店が多いのですが、こちらは揚げたてをいただけて嬉しい一口。

11080303.jpg

Antipasto misto 旬の食材の前菜盛り合わせ

いつも賑やかなこのプレート。

11080304.jpg

定番のガスパチョには夏野菜を添えて。

11080305.jpg

タコのマリネにモロヘイヤ。こんな組み合わせも斬新ながらも美味しくいただけます。

11080306.jpg

南瓜、南瓜のピュレ、マナガツオのたたき、自家製ハムに、サーモンのコンフィ!
これ、とっても美味しかったです♪
皮がパリパリとまた美味しく。
前菜にこんなに手の込んだものを添えてもらえるなんて、さすが!という感じです。

11080307.jpg

トマト、バジル、マスカルポーネのスープ。イタリアンカラーでまとめてあり、こちらも美味しく。

11080308.jpg

忘れてはいけない、名脇役は、自家製パン!

11080309.jpg

イタリア産 フレッシュポルチーニ茸の”タリアッテレ”

フレッシュ!!という言葉に吸い寄せられ前回も注文した覚えが…
美味しいものは何度食べても美味しいものですね♪

11080310.jpg

鰆と生海苔のクリームソース”タリアッテレ”柚子胡椒風味

以前はカワハギとのコラボでしたが、今回は鰆。
この味、女性好みかと思っていましたが、パートナーもお気に入りみたい。

11080312.jpg

霜降り豚ロース肉のグリル

豚と思えないくらいジューシーで脂が美味しい~。
夏野菜のグリルがまた良いんですよね。

11080311.jpg

和牛ランプ肉のグリル

こちらは岩手のA5ランク!

以前、こちらのお店では三陸の海の幸を気仙沼港から仕入れられてると伺いましたが、震災後は港も機能しなくなり、さぞかし影響を受けたであろう中…

なんと!その翌日から岩手の和牛もまた出荷停止となってしまい、自分たちが食べたものも果たして安全だったのかどうかはわかりませんが、多分…放射線量を計りだしたら全ての動植物に影響が及んでいるような気がしますしね…。

その影響で健康な和牛さえも安値となっているようで…
酪農家さんを思うと本当に気の毒で仕方ありません。

この汚染状況に、終止符が打たれる日が来るのか…広まるばかりの状況に食糧難に陥るのでは?

そんな話をスタッフの方とお話しつつ、被害が広まっていくようなら輸入も考えているのだそうです。

お店の運営も大変ですよね…

…と話がそれましたが、いただいたお肉はとっても美味しくいただきました♪

本日のドルチェは~

11080314.jpg

ココナッツ風味のパンナコッタ メロンのスープ

肉料理の後はメロンの酵素が効きそうです(笑)
色も爽やかで夏のデザートにぴったり♪

11080313.jpg

いちじくとくるみの焼き菓子

これだけ食べた食後にはちょっと重いかな~と思いきや、イチジクのプチプチ感が楽しくて一口もう一口と食べられる焼き菓子でした。
素朴な感じがいいです。

11080315.jpg


ここはいいよねぇ~。
と、パートナー。
車を走らせれば割と近くの本格イタリアン。
コストパフォーマンスも良く、雰囲気も落ち着いていて、野菜も魚も肉も美味しく食べられるところが何より気に入っているようで。
また近いうちに訪れることになるでしょう。
スポンサーサイト