2014年06月

VENT DE LUDO(ヴァン ドゥ リュド) 尾山台

フランス ブルターニュ出身の、フランス国家最優秀職人章(MOF)の称号を持つリュドヴィック氏が、ポンパドウルグループ会社とパートナー契約をし、出店させたお店です。

外壁にはドッグステイできるリードフックや水飲み場まであり、外観はまるでフランス!とってもおしゃれな雰囲気。

14062101.jpg

店の奥はイートインスペースになっており、買った物を食べるというほかに、カフェメニューもあり、パンの盛り合わせを楽しめるラザニアセットにしてみました。

14062104.jpg

14062105.jpg

盛り合わせのパンは、パンドミ、カンパーニュ、イチジクのパン。
日によって内容は変わるようです。
ラザニアはとてもしっかりとした味わいで、アルコールが飲みたくなります。
お酒を飲まない今はパンが進みそうー。

そんなわけで、事前にお買い上げした袋の中からヴィエノワのミルククリームをデザート代わりに(笑)食べてランチを締めました。

14062106.jpg

このミルククリームは練乳よりもホイップ感が強くて、それでいてほんのり、カルヴァトスを効かせているような?
ちょっと他でいただくものとは違った味わいでした。

ちなみに相方は、お好みのパンを選んでコーヒーとともに楽しんでおりました。

14062103.jpg

フランス色ばかりではなく、こんな惣菜パンもあるので、万人から受けるわけですね!



そして本日の戦利品はこちら。

14062108.jpg

○クロワッサン

14062107.jpg

良質なバターがたっぷりと折り込まれたサクホロなクロワッサン。

○そば粉のバゲット

14062111.jpg

ブルターニュ地方といえども、そば粉をパンに使うことは珍しいのだそう。
思ったよりも癖のないさっぱりとした味。

○リンゴのそば粉パン

14062110.jpg

そば粉の生地にシナモンで香りづけしたリンゴ煮を混ぜ込んだもの。
同じ産地のもの同士を合わせた、自然と調和する味わい。

○田舎パンとそば粉のモチェ・モチェ

14062109.jpg

カンパーニュ生地とそば粉生地、クロワッサン生地を合わせたパン。
工夫次第で新しい味が生まれるのですね!
バゲットとクロワッサン生地という二種類のものは食べたことがありましたが、
3種類も混ざっていて、そば粉という、ここならではのオリジナリティも出しているなんて!

今度はガレット食べてみたいな~。
少人数でシードル飲みながら、パンにディップなどを楽しみながら食べるのもいいな~。

今食べたばかりなのにアレコレと次の利用方法を考えてしまう。
そんな「素敵」が詰まった魅力あるお店でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。