2015年11月

豆乳ヨーグルトつくってみました。

発酵マニアとしては、見逃せない!



ちまたで流行っているというTGGとはー?

卵がけ御飯、ではなく、豆乳グルグルヨーグルト、ということらしい。笑

先日の教室の時に、やはり発酵マニアとして、感度の高い生徒さんより情報を仕入れ、早速やってみました。

自然酵母を作る過程によく似ていて、スターターは玄米と豆乳。

詳しい作り方は、ネットでたくさんありますのでそちらを参考にしてみて下さい。

玄米の殻には酵素がたくさんあるのでしょうね。

1日室温に置いておけば、気泡がたくさん!





それにさらに豆乳を加え培養していきます。



繰り返すことで酵母が強くなります。



だんだんと発酵時間も短くなり、できたものから種継ぎも可能で、始めは玄米のエグミと独特の香りを少し感じたりしていたものが、薄らいできます。



ただし、ヨーグルトとして、火を入れないで食べるのは、どこで雑菌が入るかもしれないので、
臭いや色を見て発酵しているのか腐敗の始まりなのか、注意が必要です。
危ないと思ったら廃棄してすぐに作り直しましょう。

なぜなら発酵と腐敗は紙一重。
人体に良いものだけを発酵と呼びますから。



試し試しに継ぎ足したり、元種を使ったり。
これで良いのか、実は正解がよくわかってないのですが、麹の甘酒を入れたりして、毎日、飲むヨーグルト的な感覚で美味しく飲んでいます。笑

これを飲み始めて、確かに腸の調子は良くなったような。

とても元気が良さそうな酵母なので、パンの酵母として使ってみようかと考えているところです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。