2016年09月

醤油の仕込み 9月のまとめ

仕込んだ6/5から4ヶ月が経ちました。

今年は夏が涼しかった割には最近になって夏日が続き、四季が不明瞭なこの頃。
お醤油の状態は、方や「ひしお」をみているからか、ペースト化が進んだように思えます。
撹拌のタイミングは側面の産膜酵母が育った頃に。
結果的に、10日に1度くらいの撹拌となりました。


総評:

フタをあけたばかりの香りは白神酵母のようなパン酵母の香りがするのですが、
その次にに醤油の香りが漂います。
味はますます旨味を感じ、甘味もあるような。
ちゃんと良い子に育っているようです。よしよし。


9月9日
側面には産膜酵母がついているので、それを取ってから撹拌する。
香りは焦がしたお煎餅のような香ばしさがあり、見た目は滑らかなペースト状。

16093001.jpg

9月15日
側面には産膜酵母がついているので、それを取ってから撹拌する。
かき混ぜるとフワッと空気を含んだ感じがある。また発酵が進み出したのだろうか。少しアルコールと酸味を感じるような。そして油っぽさも感じる。なぜ?

9月26日
側面には産膜酵母がついているので、それを取ってから撹拌する。
香り、味ともによい。

見た目はほとんど変化がないので都度写真を撮っていません。

以上、9月のまとめでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。