Restaurant Ryuzu (レストラン リューズ) ~六本木

人気沸騰中の「Restaurant Ryuzu (レストラン リューズ)

11081401.jpg

都会が静かになるお盆休みに伺いました。

11081402.jpg

扉を開けると黒の大理石が高級感を漂わせ、落ち着いた色の木目とモノトーン調の店内は凛としてスタイリッシュな感じ。

11081403.jpg

ここは「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」をミシュラン二ツ星へと導いたという飯塚隆太シェフのお店。
どのようなお料理で楽しませてくれるのか期待が高まります。

11081404.jpg

まず、シャンパンをいただいた後に、突き出しで出されたのが冷製のコーンスープ

11081405.jpg

ゴールドラッシュの旨味を芯からも抽出させたもので、甘み旨味がギュッと詰まった一杯となっておりました。

11081406.jpg

そして自家製のバゲット。
これがまた美味しいのですが、食べ過ぎ注意!とセーブ状態。

11081407.jpg

自家製スモークサーモンとフェンネルクレームのアンサンブル
Saumon fumé en tartare /crème de fenouil/salades composées


英語でフェンネル、仏語でフヌイユ、日本ではウイキョウ…
いろいろな呼び名で呼ばれますが、独特の香りと清涼感があり、夏の疲れた胃の消化を助けてくれるハーブは前菜としても嬉しい食材です。
フェンネル自体、魚とは好相性のハーブですが、爽やかな酸味を感じるクリームになっており、これがスモークサーモンと合わさると絶妙な感じでとても美味しい♪
添え野菜にフェンネルの茎の部分もあり、それもまた美味。

11081408.jpg

鴨フォアグラのソテー 加茂茄子と共に バルサミコソースで
Foie gras de canard sauté/aubergine mitonné/sauce balsamique


煮詰めた甘酸っぱいバルサミコソースの上にまんまるい加茂茄子、そして分厚いフォアグラ!
フォアグラが結構大きいので、ちょっとびっくりです。
ナスにはフォアグラの油も染みて、茄子だけ食べてても十分にフォアグラを感じるようなフォアグラ満載の一皿。
エディフルフラワーがさっぱりと。

11081409.jpg

徳島産スズキのポワレ 萩産白バイ貝のエチュベを添えて パセリソースで
Bar poelé / coquillages étuvés / sauce au persil


こうゆうグリーンのソースを色褪せずに美しい色味で出すというのは結構難しいんですよね(自分でやってみての感想です)。
淡白にまとまりがちな味に、素材の味を消さない程度の奥行きを加えたような一皿です。


和牛ランプ肉のロースト 野菜のソテーをあしらって
Boeuf rôti / légumes sautés / son jus


な、な、なんと!画像がない!!   

お肉は鹿児島のランプ肉で柔らかく味わい深く。。。
三浦で栽培されている、フランスで人気のシェリーという品種のジャガイモ、そして夏が旬の、「竹の子の王様」とも呼ばれているエグミの少ない緑竹(リョクチク)のソテーなどが添えられており…

きっと、それで興奮して食べてしまったのですね。。。
あ~お見せできなくて残念!

11081410.jpg

ココナッツ風味のホワイトチョコレートのムース マンゴーのソルベ パッションフルーツの泡
Mousse de chocolat blanc à la noix de coco/sorbet mangue/ecume aux fruits de la passion


シュトロイゼルの上にマンゴーの濃厚なソルベ。
ホワイトチョコレートのムースとマンゴーソルベだけだったら、別々のデザートのような感覚になるような気がしますが、ココナッツ風味とパッションの泡という4つの素材となるとそれぞれが繋がりを持ち、まとまった一皿になるような気がします。

11081411.jpg

食後の飲み物と小菓子
アプリコットののパート・ド・フリュイとフィナンシェとともに~。

お料理全般において、それぞれのパーツを丁寧に作り上げており、旬の食材との組み合わせに斬新さを取り入れつつも、それぞれの相性をうまく結び付けて一つのお料理としてまとめあげてしまう…
どのお皿にも魅了されました♪

季節を変えてまた伺いたいと思いま~す。

Restaurant Ryuzu フレンチ / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト