(野菜+土)×アート=陶芸

園芸研究家・キッチンガーデナーである御倉多公子さんの「花器菜展」へ行って参りました。

11090401.jpg

この立派なギリシャ風の建物は「大倉山記念館」

11090402.jpg

横浜市の有形文化財に指定されており、その重厚な扉を開けるとさらなる重厚な大階段があり、驚かされます。
そして、このような素敵な場所でギャラリーをやるなんて!!

11090404.jpg

コルクにギザギザの切り株のような・・・
葉はお茶の葉なのだそうです。

11090405.jpg

豆の中に豆。
豆好きな友達にはたまらない作品♪

11090406.jpg

私はこの丸みを帯びたぶどうの房のようなオブジェにトマトが飾られているのがとても好きですね♪

11090407.jpg

これはまるでクラフトのようですが、陶器です。
七夕のときの飾りのようにも見えますが、ピーマンなのかしら?
長細いピーマン(?オクラ?)と一体化したオブジェみたいで面白いです!

11090403.jpg

こちらが御倉さん。
友達からいつも素敵な方だと聞いておりましたが、本当にその通りで、とっても気さくで、そして活き活きと輝いた方でした。

11090408.jpg

お抹茶とお茶菓子が用意されてあり、その器も御倉さん作。お抹茶の椀も然り。
これぞ「究極のおもてなし」という気がしました。

そして、食、アート、陶芸・・・何かしらの共通項による吸引力で、ここに集まる人たちとの出会いもありました。

中目黒でイタリアンのお店を構えるマダムがまた素敵で!!
今度ランチに伺いたく思っておりますので、このブログでは改めてご紹介しますね☆
関連記事
スポンサーサイト