ピッツァ ダダ (PizzaDADA)

鎌倉から観光客の姿も少なくなる夜。
閉まるお店も多く、辺りがひっそりとしてくるのですが、集まるところには集まっているんですねぇ。

11091901.jpg

こちらは今年1月にオープンしたピッツエリア「ピッツァ ダダ (PizzaDADA)」ですが、すっかりと地元客のリピーターで賑わっている様子です。

予約をしておいて正解♪ 友達に感謝です。 
6時くらいにはまだ空き席も見られた店内ですが、6時半を回る頃には満席となっておりました。

店内は赤いクラシカルなソファに木の机、照明などもアンティーク調で落ち着いた雰囲気。

11091902.jpg

奥には大きな釜、これがやけに未来的な雰囲気で、むき出しの天井と合わせて、不思議な空間を醸し出しています。

11091910.jpg

さて、お料理。

プロセッコを飲みながら、お酒に合う一品料理を楽しめます。

タコとセロリのレモンマリネ

11091903.jpg

南イタリアのタコも美味しかったですが、この辺りのタコも負けておりません。
セロリと爽やかなレモン、オリーブもまた美味。

本日のフリットは川海老

11091904.jpg

フリットというと衣がついてるイメージですが、セモリナ粉が薄くまぶされた素揚げに近い状態で出されました。
英字新聞の上にのせられてフォトジェニックなお皿となっております。笑
濃いめの塩気にあとひくスパイシーな味付け。これまたお酒がすすみます。

窯焼き鎌倉野菜

すっかりブランド化した「鎌倉野菜」…

鎌倉在住の友達曰く、最近ではより特色を打ち出すために変わった野菜や高い野菜が目立ち、日常的に使いにくくなった…と嘆いておりました。

ですが、こちらでは600円というお値段で提供しており、目新しさにこだわるというよりは、地元に愛されている本来の鎌倉野菜という感じ。

11091905.jpg

仕入れ状況にも寄ると思いますが、今日はプチトマト、さつま芋、アーリーレッド、いんげん、ナスに万願寺…
珍しいものとしては、紫ジャガイモ、シャドークイーンでしょうか?

窯の中でじっくりとグリルされた野菜は甘みが引き出され、オリーブオイルがまた美味しく、野菜独自の持ち味も活かされておりました。

そして、ちょうどよいタイミングでピッザが運ばれてきました♪

11091906.jpg

マルゲリータ

11091907.jpg

最近はナポリ仕込みの有名店ばかりを訪れておりましたが、たとえ素材が現地と違ったとしても(伺っていないのでわかりませんが)…とっても美味しかったです♪

クワトロフォルマッジ

11091908.jpg

モッツァレラ、マルカルポーネ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノの組み合わせでとってもミルキーなお味。
この大きさということもあり、女性二人でも二枚は食べられる嬉しいサイズです。

11091909.jpg

一片を食べ終わるか終わらないかというときに、蜂蜜を持ってきてくださいました。
一枚で二つの味を楽しめるなんて~♪♪
ゴルゴンゾーラと蜂蜜の相性はとってもよろしく、ドルチェピッザに早変わり!!

全体的にお値段もお安くアンティパストは600円前後。
イタリアンは皆でわいわいと食べた方がいろいろ食べられて楽しいですが、こちらではピッザも一人前サイズですので、一人でも気軽に飲み食べできそう。

美味しさや値段も含め、昼も夜も使い勝手の良さで今後もますます注目を集めそうなお店です。

ピッツァ ダダ ピザ / 鎌倉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
スポンサーサイト