スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

④ナポリピッザ食べ歩き Starita a Materdei(スタリータ・ア・マテルデイ)

久しぶりにまた南イタリア旅行の話題を。

Starita a Materdei(スタリータ・ア・マテルデイ)は、ナポリ中心地から少し離れた住宅街、マテルデイ地区にあるピッツェリア。

11092601.jpg

最寄駅のMaterdei駅を降り、辺りを見回すとお店への道しるべとなる矢印が出ているのでたどり着くことができました。

イタリアの大スター、ソフィアローレンとトトが共演した1954年の映画「L'oro di Napoli(ナポリの黄金)」の舞台にもなったピッツェリアとして有名で、壁にはモノクロの映画のワンシーンを撮った写真がいくつも額で飾られておりました。

11092603.jpg

この地で100年以上の実績があるそうで、辺りを見回すと明らかに外国人なのは私たちくらいで、地元の人たちで賑わっているようです。

11092610.jpg

こちらではピッザも有名ですが、フリットも有名ということで、ピッザ生地を拍子型にカットして揚げた“アンジョロッティ”を。

11092602.jpg

甘いプチトマトと少し苦みのある野生ルッコラ(セルバチコ種)、そして塩味のきいたこのピッザフリットがワインのつまみとしても最高で、ついつい食べ過ぎてしまいそうなくらい♪

フリットをもう少々…ということで、花ズッキーニのフリットも追加!

11092604.jpg

後から出されるピッザを美味しくいただくために、こちらは1本だけ。

11092605.jpg

花の部分にチーズが詰められた揚げものなのですが、しつこくなくて、あっさりといただけました。
こんな風に一本単位からいただけるのも嬉しいですね。

さて、いよいよピッザの登場!
ピッザの種類も豊富なのですが、やはり、定番マルゲリータでございます。

11092606.jpg

こちらのピッザは一度揚げてから具をのせて焼くという製法をとっており、生地がフッカフカ、揚げた香ばしさとサクッとした歯触りがあり、癖になるような味わい。
モッツアレラもスモークしたものがのせてあるので、個性がキラリと光ったピッザです。
見た目小さいサイズなので、あと一枚いけるかな~と思うものの、揚げている分、あとからドシっと胃にたまる感じは否めません。ただ、あと引く美味しさとはこのことですね。

テーブルからは直接厨房の様子が見られないのですが、トイレに立つときなどに興味深々、厨房をジロジロのぞいていたら、マダムと目が合い、にっこり♪
こちらのお店もとっても雰囲気が良くて、とっても親しみやすい雰囲気。
有名店だからと天狗にならず、そうゆうのは大切だな~と思うこのごろ。

食べ終わった頃に、テーブルにふらりやってきた男性スタッフ。

11092607.jpg

どうやらマダムが日本人のお客さんいるわよ~と声を掛けて下さったようで。

こちらで修行中の友澤佑基さん。
名古屋の有名店チェザリーから修行で訪れているそうで、帰国後はこれからできる3号店の店長として腕をふるうのだそうです。
ここにも頑張っている日本人の姿!! 誇りに思います!!

11092608.jpg

厨房の中も見せてもらっちゃいました♪

11092609.jpg

次々焼き上がるピッザ。こんなに種類があるのもこのお店の特徴なのかもしれません。
(私たちは味比べ修行のため、ひたすらマルゲリータばかりですが 笑)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。