お薦めはカプリ島クルーズ!

朝から快晴!

11092101.jpg

マリーナグランデに船が到着し、観光客がどっと押し寄せているようです。

11092102.jpg

さて、今日のお目当ては、「青の洞窟」(Grotta Azzurra)
行っても波が高いと入れないことがあるという洞窟。
テレビなどでは度々見たことはあるものの、画面を通したその色が、肉眼で見るとどんな風なのか…期待で胸が弾みます。

入る時間帯によっては海の色が変わるとも言われていますが、午後になると波が出てくるために入れないことも多いらしく、夏の午前中が一番入れる確率が高いのだとか。

さて、いよいよ乗船!

青の洞窟と港の往復というのが一般的ですが、ここで是非やりたかったのがカプリ島一周。

11092103.jpg

値段は3ユーロしか変わらないのに、島の名所を海から眺めることができるというお得なツアーなのです。
黄色コースがそれ。

港では青の洞窟の辺りの混雑具合を把握しているようで、本来は最後に洞窟に立ち寄るコースですが、最初に行くように指示が出てました。

ところで、青の洞窟は、今乗っている船からさらに小さな小舟に乗り換えないと入れません。

シーズンですと、その前で3時間くらい待たされて船酔いするケースもあるらしく、私としてはかなり危うい…

最初に青の洞窟へ行くのが嬉しいようで不安なようで。
それよりもこの照りつける日差しから身を守るのが忙しかったり。

島は思ったよりも大きく、そこへ行くまでも10分くらい。

洞窟はアナカプリ地区の下辺りなのですが、船酔いが心配な人はバスルートで、ここから小舟に乗船も可能です。

今にも小舟が入ろうとしているのは本当に小さな穴!

11092104.jpg

来た船の上で10分くらい待ち、さらに小舟に乗り換えてからも順番待ち。

ですが、その間に、暗い中での静止画は期待できないので動画で撮ればいいんだ!という妙案が♪

動画撮影お薦めです!!

洞窟は奥行きが意外とあり、あちこちの船頭さんがカンツォーネを唄う声が響きます。

11092105.jpg

中にいたのは10分くらいだったでしょうか。
カメラのフィルターを通していますが、肉眼とほぼ同じ色味でしたよ。
静止画ではこれくらいが実力ですね(笑)

小舟の船頭さんと別れ、再び元の船へ。
こちらの船頭さんもものすごく親切!

私が真横に居たというのもあり、

「崖に山羊がいるよ」

「あの茶色い建物が○○さんの別荘、そして上の方の大きな家は○○さんの」
肝心の○○が聞きとれませんでしたが…(汗)

「あの大きな客船は僕の伯父サンの船」
と時折ジョークもまじえながら船は進みます。

11092106.jpg

Foro di Punta Carena
灯台を過ぎて、次に訪れたのが美しいエメラルドの海。
Grotta Verde(緑の洞窟)

11092107.jpg

泳いでいる子供たちが羨ましい~♪
そして見たことのない不思議な色の海。

Marina Piccola(小さなマリーナ)を横目で見ながら、Faraglioni(ファラリオーニ奇石)のアーチを通り抜け、

11092108.jpg

その先で波が引いた一瞬だけ見えたのがGrotta Bianca(白の洞窟)

11092109.jpg

奥の方で小さく青白く光っているのがこの洞窟のいわれとなっているようです。
実はいろいろな洞窟があるのですねー!

Acco Naturale

11092110.jpg

最も心をときめかせた風景はこちら!
岩のアーチの中に人の姿が!!
あそこへ行きたい!と騒いでいたら、「1時間くらい歩くし、大汗かいて大変だよ~」と笑顔の船頭さん。

11092111.jpg

そしてこちらも行ってみたくなった、洞窟の中のマリア様。
洞窟には、マリア様が祭られた祠があり、なんとも神秘的。

11092112.jpg

Scugnizzo
岩の上の像に見送られているような気分になりながら、もう終点の港は目の前。
トータル2時間くらいの船の旅、海側からしか見ることができないいろいろな景観が楽しめ、とっても満喫できました。

チャーミングな船頭さん、どうもありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト