トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド (Trattoria Il Figo Ingordo) 六本木のイタリアン

三連休最後の月曜日、評判の良い、六本木のイタリアン、トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド (Trattoria Il Figo Ingordo)へランチへ伺いました。

ヒルズからは六本木通りを挟んで反対側。
大きな通りから右へ折れた、車一台通れるくらいの道沿いにそのお店はありました。

11101001.jpg

ガラス越しに柔らかい光が差し込む店内が素敵です。
ダイニングスペース、奥にオープンキッチンがあり、私たちが案内されたのは、厨房の脇を抜けて右側、さらに奥のダイニングスペース。
意外と広いスペースなのですね。

11101003.jpg

奥のダイニングへ行く手前の通路的なところにもテーブルが並び、壁にはミラノやフィレンツェの風景写真の額が並ぶ…そうゆう造りがなんともイタリア的なイメージ。
まだ早い時間だったので私たちの貸切でしたが、30分も経たない内にほぼ満席となりました。

さて、メニューは以下の3種類。

○Pranzo A 1400円
  (前菜盛り合わせ、本日のパスタ、パン、カフェ)
○Pranzo B 2200円
  (前菜盛り合わせ、サラダ、本日のパスタ、パン、カフェ、ドルチェ)
○Pranzo C 3400円
  (前菜盛り合わせ、サラダ、本日のパスタ、パン、本日のメイン料理、カフェ、ドルチェ、)

値段が上がるごとに、お皿の数が増え、前菜はブッフェスタイルなのですが、前菜のお皿の大きさがAよりもB,Cは大きなお皿になるようです。
システムをよく把握する前に無難にPranzo Bをお願いした私たち。

まずは、Ferrari Maximum Brut(フェッラーリ マキシマム ブリュット)で乾杯です。シャルドネ100%のイタリア最高峰のスプマンテなのだそうで、しっかりとした味わいを楽しめます。

11101004.jpg

胡麻のグリッシーニ、フォカッチャ、タイガーロール的なパンの盛合わせ

さて、前菜。
ブッフェは厨房のカウンターにあり、Bメニュー用のお皿は表面に出ているお皿の下にあるとの説明を受け、パートナーがまずは行くことに。
少なめに盛り付け、戻ってきたところに、スタッフの方が「お替わりはできませんが、少なすぎませんか?」と声をかけてくれました。

11101005.jpg

そのお声掛けのお陰でシステムを把握した彼は、なるほどと出直し、そして私も遠慮なく盛り付けるのでした。
見渡せば、てんこ盛りにしている人たちもいるではないですか!笑

お酒を飲みながら、一度限りですが、お好みの前菜をお好きなだけ~、というのはミラノやローマでのアペリティーボのよう。

アンチョビやにんにくでマリネされているのが美味でお酒がすすみます。
かぼちゃやジャガイモといったお腹にたまる系のものもあります。

私たち以外のほとんどのお客さんが、Pranzo Aであることに納得!
皆さん、この前菜と数種のパンでお腹一杯になるわけですよね。

サラダ

11101008.jpg

ワゴンで3種のオリーブオイルと7種(だったかな?)のビネガーの中からそれぞれ好きなものを選んでドレッシングをその場で作ってくれます。

11101006.jpg

変わったところでは、トマトビネガー、フランボワーズビネガーも。

11101007.jpg

私はシチリアのオリーブオイルに、はじめて見たトマトビネガーを選んでみました。

11101009.jpg

ドライトマトのような風味が面白いですね。酸味はそれほど強くない気がしました。

11101002.jpg

いろいろな自家製乾麺を揃えているようです♪

パスタは、一番最初に種類とそれに合わせるソースの説明を受けて選ぶのですが、せっかくなので、自家製麺で、自分が作るには縁遠いものを~。

11101011.jpg

ストラッチ ヴェルデ かぼちゃと丹波の黒鶏が入った胡椒のきいたクリームソース(私)

ほうれん草を練り込んだ緑の「布切れ」という意味のパスタ。
胡椒がかなりきいているので、辛味があるのですが、ストラッチとかぼちゃがマイルドに戻してくれます。
パスタもソースも私の好み♪

11101010.jpg

タリアッテレ 鹿児島産黒豚のラグーソース

デザートはワゴンの中から選びます。

11101012.jpg

マチェドニア、ガトーショコラ、メレンゲのケーキに松の実などが入ったタルト、ティラミスの5種類。
どうしようかと迷っていると2~3つの盛合わせでもいいですよ!と。

ティラミス

11101014.jpg

一人分ですと、この量。結構多いですね。

マチェドニアとティラミス(私)

11101013.jpg

盛合わせにしたので1/2ずつの量となりました。
ティラミスは結構濃厚なお味なので、フルーツのサッパリ感と合わせても、このくらいの量が適量だと思いました。個人的にはジェラートなどもあればな~と思いましたが。

最後はカプチーノで締めくくり。
イタリアでよく見かけたお砂糖も置いてありました。

11101015.jpg

リーゾナブルなので、日常使いしやすいお店です。
お勤め先が近くであれば、通ってしまいそう~。

日曜は定休ですが、休日も平日と同じランチメニューがあるので、お得ですし、のんびり過ごすにも良さそうです。

アラカルトの用意もあり、グループで行ってワイワイとやるのも楽しそうですね。
いろいろな使い勝手を楽しめるお店です。

トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド イタリアン / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト