ピッツェリアダペッペ ナポリスタカ (pizzeria da peppe NAPOLI STA'CA")  神谷町

11102101.jpg

神谷町駅から緩やかな坂を登ること7分くらい。
その昔、神谷町で働いていたことがあったので、この坂の途中のチョロズ、黒胡麻坦々麺のお店やル・シャルボンなど、ランチでよくこの辺りも練り歩いたっけ・・・と横目で見ながら、懐かしさにどっぷり浸る前に、到着!

11102102.jpg

さっそく、スプマンテをいただきながら、メニューを選びます。
気になったのは「アンジョレッティ」の存在。これは後で聞いてみることにして・・・

赤いベルベット調の高級感のあるメニューブックがナポリじゃないみたいです!(笑)

11102103.jpg

まもなく、フォカッチャ登場!
窯と接して焼かれた部分にセモリナの旨味と香ばしさがあり、美味です。
上にのっている岩塩の塩気でスパークリングが進みます♪
ローズマリーも爽やかに。

周囲を見渡せば女性グループが目立ちます。
あっという間に満席となった店内、雨が止んだ頃にはテラス席にもお客様の姿が!

11102104.jpg

前菜盛り合わせ
ナスのグリル、タコのマリネ、カポナータ、蒸し鶏バルサミコソース、ブロッコリーのガーリックマリネに、ピッザ生地のコロッケ風、カボチャ・・・

この頃には、前菜をつまみながら、飲める二人なので、スプマンテ(Bosco dei cirmioli brut ボスコ・ディ・チルミオリ・ブリュット)のボトルをお願いしておりました。
カボチャやコロッケなどはせめて二つづつあればより良いのにな~なんて思ったり。

11102105.jpg

ナポリで食べ比べを続けていた私に気を遣ってくれたお友達が「やっぱりマルゲリータかな?」と注文してくれました。
生地厚め、割と重めの仕上がりなので、最初の一枚はペロリといけましたが、段々とスローペースに。
ピッザは熱い内が一番の美味しさ!!
それは重々承知ですが、飲んでばかりいる私たちに気をもんだのか(笑)、ペッペさんがテーブルへやってきて、美味しい?と声をかけてくれました。
もちろん、お返事はボーノ!ちゃんと最後まで食べますよ~。
ペッペさんはサービスに心がけているようで、くったくのない笑顔を各テーブルに向けながら声をかけているようでした。

女性二人ですと、前菜盛り合わせ、そして気のきいたフォカッチャなどがついていれば、あとはピッザ一枚でも十分な量でしょうか。

11102106.jpg

ペッペさんの名前入りの窯、ナポリの青い空の色?もしくは青い海の色がトレードカラーです。

11102107.jpg

最後に少しお話する機会があり、ナポリで食べ歩きをしたこと、プレジデンテやスタリータなども行ったと言うと、ペッペさんにとってスタリータさんは敬愛する人の一人で、このお店の準備中に遊びにきてくれ、窯の前で一緒に撮った写真を見せてくれました。その流れで前述の「アンジョレッティ」のことを聞いてみると、やはりスタリータのメニューに影響されてのようでした(ここで出しているのは少しスタイルが違ったペッペさんオリジナルです)。

やはりピッゼリアは、3名以上でワイワイ、いろんなものを食べてみるのがベストですね。
次はアンジョレッティも食べてみたいと思いま~す♪

ピッツェリアダペッペ ナポリスタカ ピザ / 神谷町駅赤羽橋駅六本木一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事
スポンサーサイト