スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス料理 レネ   鎌倉でランチ

地元でも評判になっているというフレンチ。
ご実家がこの近隣という友達とランチで伺いました。

11103101.jpg

車通りの多い道路に面する間口は全面ガラスの引き戸で、両サイドに大きめのグリーンがあるので、中に入れば、思ったよりも落ち着いた感じでした。

カウンター4席とテーブル席が4つほどあり、濃い茶色に椅子のクッション部分に赤を使ったコーディネートがフランスらしい感じです。

11103103.jpg

カウンターに座ると目の前ではバゲットをカットしたり、簡単な作業を行う場となっており、左手奥にキッチン。
フランス人シェフが奥で調理、時々サービス、日本人マダムが主にサービスを担当しているようです。

11103104.jpg

まずはスパークリングワイン。そしてオリーブ。
オリーブはアンチョビとにんにくでマリネされたような味で、お酒が進みます。

11103105.jpg

カリフラワーの温かいスープ

クルトンがブリオッシュだったのか、スープに浸かっていないところのサクサク食感が楽しめ、美味でした。

スペシャリテ 田舎風テリーヌ オニオンのコンフィチュール添え(私)

初めてのお店ではやはり、「スペシャリテ」的なものを選びたくなりますよね。

11103108.jpg

出てきたお皿がレタスとマスタードだけだったので、少し驚かされましたが、テリーヌは別だったようです。
こうゆう出し方はシェアするには好都合で、結果としては嬉しいサービスでした。

11103109.jpg

バゲットは…聞かなかったのですが、おそらくBIGOTさんのバゲット。

11103106.jpg

テリーヌ用にと1㎝くらいの厚さに切ってくれたものに、たっぷりつけて。

11103110.jpg

オニオンのコンフィチュールをつけると、ほんのりと甘くなってこれまた美味しい~♪
マスタードをつけるとまた味わいも変わり、これとワインで、十分楽しめます。

自家製軽い燻製トラウトサーモンと温かなチーズのフラン

11103107.jpg

美しくお皿に盛りつけられたものを、半分シェアさせてもらいました♪
チーズのフランがふんわりと味は濃厚で美味しいです。

ターキーブレストのバロティーヌ タイムのソース(私)

11103113.jpg

バロティーヌとは?
と聞くと、丸く成型されたという意味らしく、見た目はハムのよう。
中にはニンニクがところどころに詰められておりました。
タイムの清涼感などは、あまり感じず、軽い味わいで食べやすい感じ。
下にはマッシュポテトが敷いてありビストロな雰囲気のお皿です。

豚の胸肉の柔らかコンフィーと野菜のブレゼ

11103112.jpg

下にマッシュポテト、その上のこの厚みときたら!
コンフィなのですが、とっても柔らかく火が通っていて、豚の角煮を想像させるようなお味付けでした。

野菜のブレゼ

11103111.jpg

こちらもガルニは別に登場! 人参とジャガイモです。

ジャガイモは塩がきいていて、皮がパリッとしており、ポテトフライのような。
これまたお酒が進みそうな味付けが美味。
欲を言えば、マッシュポテトがついているので、緑の野菜だったら、なお嬉しかったかもしれません。

二つのお肉が乗るお皿自体に野菜(ガルニ)がなかったもので、あとから出てきたこの野菜のブレゼは共通のお皿なのかと、勘違い!!
遠慮なくバクバク食べておりましたが、実は豚さんの付属品だったのですね。

この記事をかきながら、メニュー名を見て改めて気付いてしまいました。
ごめんよー、友よ。(こうゆうアヤマチに気付けるので振り返るって大切  ね。)

ミルフィーユ

11103114.jpg

カスターと生クリームを合わせたクリーム。パイがサックサクで美味♪

小菓子とカフェ

11103115.jpg

アーモンド風味のクリームが入ったプチシュー

どれも美味しく、トータルでボリュームもしっかりとあるので男性でも楽しめる構成だと思います。

11103117.jpg

テリーヌや蒸し野菜用にたびたび登場するココットは壁にディスプレイされていたもの。他にパン用のバスケットなども置いてあります。
小物が可愛いので雑貨屋さんのような「見せる収納」がとってもおしゃれ。

11103116.jpg

また、オニオンのコンフィチュールでも使われておりましたが、ところどころで「和」の器も使っており、鎌倉らしさと癒しを感じます。

11103102.jpg

シェフはノルマンディーのご出身で、反対側の壁にはノルマンディーの風景写真。
セピアカラーなところがまたおしゃれ!
ホームシックにならないようにと飾ってあるのだそうです。

そういえば…メニューにはカルバトスやシードルを使ったもの、「ノルマンディー風」とつくお料理がありました。
ノルマンディーは乳製品も有名な地域なので、チーズのフランが美味しかったのもうなづけます。

そうそう、いよいよボジョレーヌーボー解禁ですが、今年は11/17(木)ですね。
この日はフィンガーフード的なお料理を用意して、ボジョレーワインを楽しみながら飲めるバールスタイルでOPENしようと検討中なのだそうですよ。

近ければ私もフラッと行ってみたいみたいですが、叶わぬ夢~。
ご近隣の皆様、ご興味のある方、この機会に是非立ち寄ってみてはいかがでしょう。

フランス料理 レネ フレンチ / 鎌倉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。