気品あふれるバラのギフトボックス

やはり、バラはいいですね。
形、色、そして香り。そしてフォトジェニック♪

12012503.jpg上から

今回は自由アレンジだったのですが、メインやサブの花の配置にある程度のルールがあり、同じ種類の花の分散のさせ方にも黄金比があることなどを学びました。

12012502.jpg正位置から

知らず知らずの間にも、なんとなく落ち着く形やバランスというものを自分で選んでいるものなのですね。
今は行き当たりバッタリなアレンジで、花の抜き差しを繰り返してしまうことがあるため、オアシス崩壊寸前(笑)

12012504.jpg

花材を見ただけでイメージができるようになると、計画的なアレンジとなり、所要時間も少なく、花の痛みもオアシスの痛みも最小で済むようになるわけですが、これがなかなか。

12012501.jpg背面

とにかく、作品をたくさん見たり、実際に作ったりということが、一番の吸収方法なのでしょうね。

12012506.jpg

最近は、TV番組で司会者の後ろにあるフラワーアレンジなどに、自然に目が行くようになりました。
メインの花の位置や全体の形、意識をしてみると、ちょっとした発見があったり。

12012505.jpg

上手に作れるかどうかは別にして、生活の中に花があるというのは、ちょっとした幸せのような気がします。
関連記事
スポンサーサイト