俺のイタリアン YAESU

一度聞いたら忘れない、インパクトのある店名。
この界隈で人気急上昇中、新橋1号店のOPENから時を経ずに八重洲2号店、1号店の裏に3号店までもOPENさせた勢いあるお店です。

12022201.jpg

立ち飲みが基本スタイルですが、女同士、おしゃべりを楽しみながらであれば、テーブル席を確保したいところ。
早々、一か月前に予約をしておきました。

店舗数が増えてもメジャーになる勢いが早くて予約殺到、今となっては予約が取りにくいお店となっているようですね。

店から溢れ出そうなくらいの人人人…!
目黒の「ビストロシン」で見た光景とも似ており、人をかき分けながら一番奥のテーブル席へ。

「ビストロシン」では座席はカウンターで、「バル」という雰囲気でしたが、こちらは14人くらいは座れる小さなダイニングスペースがあり、「バル」+「ダイニング」。ダイニングエリアは少しだけ落ち着ける雰囲気でしょうか。

12022202.jpg

まずはチリのスパーリング、「バルディビエソブリュット」グラスで乾杯♪
なんと!こんなに並々に入れてくれるので、テンションが上がります。

チリでスパークリングとは、あまり馴染みのなかったせいか、少し苦みを感じるような味わいでした。

12022206.jpg

アミューズには「パルメジャーノレッジャーノ」これで一人分。
ワインに気の利いたお通しです♪

さて、お料理。どれもリーゾナブルなので、量も少ないだろうと…

「俺ん家のサラダ」登場。

12022203.jpg

… 見くびっておりました(笑)。

これ4人前?というようなボリューム!
ですが、野菜は食べておきたいので、嬉しいボリュームです。

12022204.jpg

ポーチドエッグを崩してよく混ぜ合わせて~♪
チーズやカリカリベーコンの塩気で少しカサが減ったとはいえ、小皿にお互い3杯づつくらいはお代わりできる量でした。

「アンチョビポテト」

12022207.jpg

ジャーマンポテト風な炒めたものを想像していたのですが、出てきたのは皮つきフレンチフライ+アンチョビクリーム。
ポテトにはシンプルに塩味でそれだけでもツマミとしては申し分なく。
こちらもジャガイモ3個分はある量で、ここは「安くてもボリュームがある」ということを学習するのでした。(笑)

次のワインは…

一人2杯飲むならボトルの方がお得でしょ♪

12022205.jpg

と、シャンパーニュの雰囲気漂う、プロヴァンスの「エドモンドテリーブリュット」を。
こちらはスッキリ系で良い感じです。

お店に入る時に、どこかのテーブルに乗っていたピザが美味しそうだったので、基本の「マルゲリータ」を追加。

12022208.jpg

モチモチフカフカの厚みのあるナポリ系で、生地に少し甘味を感じるものでした。
ナポリの本格ピザとはいえませんが、普通に美味しい1枚です。

ラストオーダーの案内が来て、ワインもまだ残っているので気になっていた「背黒イワシ ヴェネツィア風マリネ」を追加。

12022209.jpg

炒めた玉ねぎの甘さとレーズンの甘味を使った揚げ漬しで、盛り付け時に全てを合わせたお皿で、イワシのパリパリ感も楽しめます。

そうこうしているうちに、入れ替え時間の9時を回ったらしく、ワインも料理もまだ残っている中、代わる代わるスタッフに「次のお客様が待っていますので」とあおられる次第。

楽しい時間はあっという間といいますが、ペース配分を考えないと、最後に食べ物を残すこととなり、なんとなく後ろめたさが残ります。

せめて入店時やラストオーダー時に9時までと予告しておいていただけたら、頼む量を考えられた気もしますので、それだけが残念。

これも学習?
次回は計画的にいきたいと思います(笑)。

12022210.jpg

ボトルがずらり~と置かれた店内。

ちなみにボトルも頼んで、二人で6000円以内でした。
驚異的な安さにビックリです。

俺のイタリアン YAESUイタリアン / 京橋駅東京駅銀座一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事
スポンサーサイト