自由が丘で歴史のある「プティマルシェ」にて

本日は再来週に控えた撮影の打ち合わせを兼ねて会食。
撮影対象が、私の一生に一度あるかないかの巡り合わせだったため、集中力はもっぱら依頼内容の反芻に8割。
残りの2割で記憶を辿ります。

12030801.jpg

プティマルシェ」は自由が丘で30年続く歴史あるお店であるからか、客層は紳士淑女というのが印象的。
HPを見る限りでは若々しいイメージが強いのですが、とっても落ち着いた雰囲気です。

さて、コース内容を決め、水曜はボトル一本プレゼントということで、それを利用。

アミューズ イワシのエスカペーシュ

12030802.jpg

アミューズでこれが出されるのは嬉しいスタートです。

自家製パン

12030805.jpg

素朴な雰囲気の胡麻パン。

天使の海老のマリネ みかんのクーリ マーシュと人参添え(私)

12030803.jpg

海老にみかんのクーリーとは、色味も綺麗で斬新。春らしいお皿です。


ずわい蟹の温かいタルト トマト香草風味 サラダ添え

12030804.jpg

なんだか、こちらも美味しそう♪


鯛のポワレ

12030806.jpg

付け合せは菜の花、蕪、そしてサフランのソース。
お皿に金継がしてあり、長年大切に使っているんだなーという思いも伝わってきます。


12030807.jpg

食事が終わるとデザート前にチーズを持ってきてくださいました。
白ワインも残っているというので、ブリーとクロタンを。

12030808.jpg

12030809.jpg

こうゆうときのパンって少な目なのですが、いろいろあってパン好きにはとても楽しい♪


りんごのフィユテ クルミ添え カルダモン風味のアイスクリームと共に(私)

12030810.jpg

印象に残ったのはカルダモンのアイス。
カルダモンをアイスとしていただくのは初めてでしたが、ミルクの味もあるからかチャイのようなイメージ。


シェフ自慢の盛り合わせデザート

12030812.jpg

シェフ自慢というだけあって、豪華な盛り合わせ!
お皿との組合せもステキでよい感じです。


いちごのグラタン  ピスタチオのアイスクリームを添えて

12030811.jpg

こちらも響きが既に美味しそう♪

お茶とお菓子  ギモーブとオレンジピール

珍しく食後のお茶はコースには含まれず別会計。
ですが、〆には珈琲飲たくなりますものね。

12030813.jpg

お茶を頼むと出てくるのか、ギモーブとピール。
どちらも美味しくて、ここはデザートがポイント高い感じです。

休日には不定期でマルシェも開催しているそうで、機会があればまたのぞいてみたいと思います。

プティ・マルシェフレンチ / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事
スポンサーサイト