日本海の旬を握る   寿し割烹 こい勢  山形県酒田市

というわけでやって参りました山形庄内地方!
ついた時間が夕暮れ時。
諸事情につき温泉に入ってからその足で向かったのがこちらの「寿し割烹 こい勢」

12042903.jpg

8時半とちょっと遅めな晩御飯ですが、カウンターはほぼ満席、2階にもお座敷があるようで、とっても賑わっている様子です。

12042904.jpg

山形県のお酒「初孫」を少々。

12042905.jpg

庄内浜で採れた岩モズクがとっても美味しくて、期待が高まります。

12042906.jpg

「旬の地魚おまかせ握り」をお願いすると、まず出てきたのが烏賊。
柚子の香りとともに塩で味付けがされております。

12042907.jpg

のどぐろの炙り
「キンキ」や「赤むつ」という呼び名もありますが、日本海沿岸ですと「のどぐろ」
高級魚であり、美味しいことは北陸のお寿司屋さんで経験済み。
もともと脂が多い魚なので炙るというのが、好ましい調理法にも思えます。
これがとっても美味しくて♪

12042908.jpg

さより
酢しめはさっぱりとした味わい。

12042909.jpg

おこぜ
適度な歯応えのあとに旨味が広がります。もみじおろしとの相性ももバッチリ!

12042910.jpg

カワハギ
肝と一緒に。少し味の薄さを感じたのは時季のせい?

12042911.jpg

青柳

12042912.jpg



12042913.jpg

桜鱒
大将曰く、今日の極上はこの桜鱒だそうで、市場でも高値で取引され、料亭などに押さえられてしまうため、滅多に出回らないのだとか。
脂がのっているのにさっぱりとした味わいで確かに美味!

ところで海へ下るものが「サクラマス」、川に残るものが「ヤマメ」と呼ぶのをご存知でしたか?
姿かたちも異なるので私は全くの別ものだと思っておりました。

12042914.jpg

本鮪
近海で採れた天然本鮪ということで、こちらもお値段的には極上だそうです。

12042915.jpg

ばふんうに
最後は北海道産ばふんうに。
これでおまかせが一通り終了し、あとはリクエスト。

12042916.jpg

こはだ

12042917.jpg

桜鱒の皮焼き(サービス)
鮭類は皮に栄養が豊富なのでこうゆう食べ方いいですね♪

12042918.jpg

白魚(私)
お隣の人たちのおまかせに入っていたのを見て気になったのでリクエストしてみました。
うずらの卵との相性がまた良い感じです。

12042919.jpg

あなご

12042920.jpg

いくら

12042921.jpg

トビウオの炙り(サービス)(私)
炙りでもトビウオははじめてです。これもまた美味しく。

12042922.jpg

〆に最初ののどぐろが美味しかったのでリピートしてみました。
さすがにもうお腹一杯なので、舎利の量を減らしてお願いしました。

12042923.jpg

あん肝

12042924.jpg

玉子

12042925.jpg

上がりの湯飲みには店名が。

一人できている常連客も多いみたいで、安くて美味しくて信頼できて…
とっても良いお店でした~♪

12042926.jpg

こい勢寿司 / 酒田駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト