スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サローネ2007 中華街の近くのイタリアン

12050201.jpg

予約が難しいCP高めの嬉しいランチに、ようやく伺うことができました♪

12050202.jpg

車で来てしまったので、今日はガス入り水、Soleで乾杯です。

12050203.jpg

本日のスープ(新玉ねぎのスープ)

12050204.jpg

水を一滴も加えない玉ねぎの水分とオリーブオイル、塩のみで作られたスープは、甘味と旨味がたっぷり引き出されております。

12050205.jpg

パンはパーネトスカーナ、自家製です。

本日の前菜 ヴィッテロ トンナート風

12050206.jpg

本来は乳飲み子くらいの仔牛を使うピエモンテの伝統料理で、仔牛のスライス肉に鮪(ツナ)のソースを合わせたもの。
こちらは仔牛ではなく、ローストビーフ仕立てだそうです。
付け合わせには、マリネされたビーツ、ツナソース、パセリソース、そして花の蕾をつけた三浦のクレソン。

パスタは3種類の中から選べます。

ラガーネ 鴨の赤ワイン煮込み(私)

12050208.jpg

ラガーネは太打麺のこと。トロトロに煮込まれた鴨肉は濃厚で、トマトの旨味と適度な酸味が、太麺に染み込まれ、フレッシュなローズマリーの清涼感が漂います。
マリネされたセロリもまた爽やか。
重くなりがちなソースを美味しく食べられる工夫がされております。


ラヴィオリ ディ カルネ バターソース

12050207.jpg

ポピーシード、ディル、ヘーゼルナッツ、レーズンが散らされたレディーな雰囲気のお皿。

12050209.jpg

全体をまとめるバターソースはコクがあるけれどアッサリ目のテイスト。

メインは肉または魚の2種類で、魚「鮮魚のクロスタ」を選択。

12050210.jpg

クルトンのようなクロスタが表面にたっぷりとつけられており、食感のコントラストが良い感じ。
下に敷かれた濃厚なアメリケンヌソースが美味で、クロスタに染み込ませていただくとまた格別!
赤と黄色のパプリカのソースも添えられており、淡白な味の白身魚も、美味しくいただける工夫があります。
鰻とフォアグラのフランも美味しく、最後まで飽きさせません。

スパゲッティ アル ポモドーロをお好きな量で…

12050211.jpg

ここに至るまで重すぎるお皿がないので、意外と食べられてしまうポモドーロ。この量で女性が選ぶ平均量、50gです。

小さなドルチェは、マンゴーとパッションフルーツ

12050213.jpg

パッションの酸味がとっても美味しく、まったりしがちなマンゴーとの相性も抜群!

食後のカフェを…

12050216.jpg

全体的にこちらのお料理は重くならない工夫がしてあり、女性客が多いのも納得です。

カフェの後に、お店に併設されたワインカーヴを見せていただきました。

12050214.jpg

ここをもっと縮小させれば、あと2テーブルくらいは確保できそうな広さにたくさんのワインが開封の時機を待っておりました。

夜のコースでは一皿一皿に合うワインをマリアージュして出しているのだそうです。

12050215.jpg

月替わりのメニューなので、月替わりでワインのセレクトも変えていくのだそうで、新メニューになるたびに試食して、それに対して皆で試飲をしながらてコースに反映させていくというこだわりぶり。
お客様を楽しませたい!そんな熱意を感じさせるお店でした。

12050212.jpg

飲める方やワインの勉強をされている方には夜の方がお薦めかもしれませんね!

SALONE 2007イタリアン / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。