スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京三大豆大福の一つ 「瑞穂」の豆大福

「群林堂」、「松島屋」と並ぶ、東京でベスト3に入ると言われる「瑞穂」の豆大福を、お世話になっているあの方へ贈ろうと、原宿の裏路地へやってまいりました。

先日伺った時は、午後の早い時間にも関わらず、既に閉店。
売れ切れてしまえば閉店となってしまうので、実はお店の存在に気が付いていない人も多いのでは?

12070301.jpg

こちらは、3大の中でも一番若手の1981年創業。
「虎ノ門 岡埜栄泉」で長年修行されたご主人がオープンさせたお店だそうです。

12070302.jpg

スタンプラリーのように、三大のうちの二つを食べ進めてきた私たちは、いつものように、自分たちの味見用の購入も忘れません(笑)。

12070303.jpg

12070304.jpg

これまでのラリー状況を見る → 群林堂 ・ 松島屋 

富良野産赤エンドウ豆の少し乾いた食感は、松島屋の印象と似ているような。

12070306.jpg

塩味がきいた餅生地は薄めで、中の餡は漉し餡をたっぷり使っており、滑らかな口当たり。

12070305.jpg

3大の中では一番甘さ控えめに感じます。
岡埜栄泉と同じくらい大きな豆大福ですが、控えめな甘さゆえにペロリと食べられてしまう感じ。


そして、こちらは4~5日の日持ちがするとのことで、遠方に送るには最適な「最中」

12070307.jpg

中は粒餡で、最中の皮が香ばしく美味!
もしかするとこちらの方がインパクトがあるかもしれません。

12070308.jpg

私の感想はさておき、送り先で美味しくいただいてもらえれば、それが何より。
喜んでもらえるといいなぁ。

瑞穂和菓子 / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。