レストラン間  恵比寿にもう一つの「間」

「ビストロ間」の姉妹店「レストラン間」ができたという噂を聞きつけて、ランチに伺いました。

ビジネスタワーの裏手にある、私がかつて恋に落ちた「ビストロ間」は、ディナーのみの営業。

かなりボリュームがあるため、ランチがあれば…
と、思い焦がれていた私にとって、これは朗報!
さっそく飛び付いたというわけです。

12072501.jpg

「レストラン」としているだけあって、ビストロ間よりもスタイリッシュかつ上質なイメージの内装で、クロスは敷かれてありませんが、白木の美しいテーブルが素敵です。

12072502.jpg

12072503.jpg

さて、グラスシャンパーニュを傾けていると、まもなく運ばれてきたアミューズは、

フォアグラと桃のかき氷

12072504.jpg

ピンクペッパーが見た目にも可愛らしく、上のフォアグラクリームと下の桃の氷を混ぜていただくと、とっても相性が良く、美味。

冬にビストロ間でいただいたフォアグラのソフトクリーム型アミューズはもっと濃厚だったことを覚えておりますが、こちらは軽め。
桃との相性や、季節によって味わいを変えているところに奥深さを感じます。

AIDAスペシャリテ“季節の野菜パフェ”トウモロコシをテーマに

12072505.jpg

今が旬のトウモロコシがメインのパフェとなっており、下から、トマト、スナップエンドウ、キタアカリ、ヤングコーンのマリネ、鴨肉の燻製、トウモロコシのピュレ、コンソメのジュレ、枝豆のアイスにトウモロコシや枝豆、鴨肉のコンフィ、ポップコーンが散らされた見た目にも楽しいパフェとなっております。
トップにはカダイフと、ヤングコーンの髭。

12072506.jpg

コーンは髭や芯までもしっかりとトウモロコシの味わいがあるから面白いですよね。

自家製全粒粉のプチパンとホイップバター

12072507.jpg

クルジェット料理二種の味比べ 鱧しんじょうとズワイ蟹のミルフィーユ仕立て

12072508.jpg

手前が鱧しんじょうにズッキーニをぐるりと巻いたもの。下はパプリカのソース。

12072509.jpg

奥のミルフィーユはトマトのジュレの下にズッキーニ、ジャガイモの燻製のムースズワイ蟹、ズッキーニ、同じくパプリカのソース。

12072510.jpg

中央に描かれているのはキャラメルソースで、蟹味噌のクーリーはとっても旨味を感じ、あっさりとしたズッキーニ料理に深みを添えます。
トータルの組み合わせが、絶妙です!

的鯛のベニエ 3種の味覚のアッサンブラージュ

12072511.jpg

アッサンブラージュとはワイン用語で製造過程にいろいろな品種をブレンドするという意味のコトバ。

こちらのベニエ、澄ましバターで揚げているようで単なる揚げものという域を超えた美味しさになっておりました。
下のバルサミコソースとの相性がまた抜群。

青トマトもコンフィにしており、固いトマトの青臭みもなく美味しくなっておりました。

12072512.jpg

栗南瓜のピュレの上に、ケイパー、アオリ烏賊、パプリカなどのラタトゥイユ風。

ここまでに、実にいろいろな食材を食べた充実感。

お代わりパンはブリオッシュとヨモギのブリオッシュ。

12072513.jpg

パンの美味しさについつい手が出てしまうのですが、この後にも続くメニューに備えなくてはなりません。。。


そう、そうなのです。
ここは、このあとに、デセールではなくて、ご飯ものが出てくるのです。

AIDAスタイル炊き込みご飯 「くずし」牛タンと野菜のブレゼ

12072514.jpg

新たに黒いプレートが置かれ、赤いストウブとお漬物のようなもの。
そして取り分けられた炊き込みご飯が運ばれてきました。

12072515.jpg

山芋の炊き込みご飯の上に茄子の揚げ漬し 

12072516.jpg

コンソメだけではない、旨味を感じるご飯で、山芋のシャリシャリ感がアクセントとなっておりました。

ストウブの中は柔らかい煮込まれた牛タンと根菜のブレゼ

12072517.jpg

チーズフォンデュ風と説明されておりましたが、マッシュルームの旨味がたっぷりと広がっており、説明からイメージするよりももっと美味しいものでした。

12072518.jpg

キュウリと紫蘇の漬物のような見た目も「エチュベ」と言われると、フランス色に染まり、和食ブームのパリで見かける「日本人ならわかる、ちょっと違う和食」のようにも思えます(笑)。

旬の果実と冷たいパッションフルーツのスープ メロンとココナッツのソルベを添えて

12072519.jpg

スイカ、マンゴー、パイナップル、ブルーベリー、バナナ、アプリコット、スモモといった旬の果実がゴロゴロ入った上にはココナッツのソルベ、メロンのグラニテ。
ソースはパッションフルーツの酸味がとっても美味しく。

ハーブティー

12072520.jpg

至福の一杯は、レモングラスとミントのハーブティー。
欲をいえば、これがポットサービスだったら最高で、長居してしまいそう(笑)

お腹一杯になっていても食べたくなる、そんな最後まで飽きさせない工夫は、女性客で埋め尽くされる店内の様子からも伺えます。

オープン間もないお店にも関わらず満席な店内は、今後も予約を取るのが難しそうな予感がありますが、予約システム(OPENTABLE)を採用しているので、見通しよく、空き状況がわかりますので便利ですよ。

レストラン 間フレンチ / 恵比寿駅代官山駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト