スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナヴォナ広場のすぐ裏にあるお薦め店 Ristorante Tre Archi(リストランテ・トレ・アルキ)

12073102.jpg

ローマ、ナボナ広場は今日も多くの人で賑わっていることでしょう。

世界中からやってくる観光客に、自己表現の場として集まってくるアーティストたち。
ダンスパフォーマンスをしている団体、手品をしている人、様々な手法で絵を描く人。ものを作る人…

12073101.jpg

スプレー塗料で器用に絵を描く中国人に、しばし見入ってしまいました。

そんなナボナ広場のすぐ裏にある、伝統的なローマ料理がいただけるお店、Ristorante Tre Archi(リストランテ・トレ・アルキ)へ、少し遅めのお昼に伺いました。

12073103.jpg

日本人的には遅いのですが、イタリアでは1時過ぎからピークなので、こんな時はとっても助かります。

12073109.jpg

こちらで食べてみたかったのが、ローマ風アーティチョーク(Carciofi alla Romana)

12073104.jpg

アーティチョークを柔らかくなるまで茹でたものをバジルなどの香草オイルでいただきます。
とってもシンプルなのですが、食感がシャキシャキとしていて美味しいんですよね。

Antipasto Vegetale(野菜の前菜)

12073105.jpg

グリルしたナスとズッキーニ。
塩加減がよく、モッツアレラと一緒にいただくとまた美味しく。

カルパッチョ

12073108.jpg

日本でもすっかりと定着しているカルパッチョですが、本場イタリアを味わいたく~。
いろいろなカルパッチョがありますが、本来のカルパッチョは牛肉。この赤の色彩が由来ですから!

ローマ名物 Spaghetti all'Amatriciana(スパゲッティ・アマトリチャーナ)

12073110.jpg

本場ならでは!
グアンチャーレ(豚頬肉のベーコン)を使っているので、ソースの旨味に奥行きがあります。

Frutta di Stagione(季節のフルーツ)をお願いしたら、苺がたんまりと。

12073111.jpg

日本では春の果物ですが、イタリアでは夏の果物なのですよね。

それにしてもドルチェに関しては、ただ切っただけ~とか、ちょっと砂糖やチョコをかけてみました…というようなものが多く、これなら市場で買った方が良かったかも?と思ってしまいます。
素材料理ならではのイタリア料理なので、イタリア人にとっては十分にアリなのでしょうけれど。

観光客的にはドルチェを頼むならティラミスやジェラートにした方が、楽しめるのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。