レストラン間  夜の雰囲気はいかに?

すっかりと魅了されてしまった恵比寿の「間」
ビストロもレストランもどちらもお気に入りですが、レストラン間の夜はどんな雰囲気だろう?
好きになるといろいろな面を見たくなるものです。

12081701.jpg

幸いこちらは[OPEN TABLE]のサイトから空き状況が見られ、予約も簡単!
それも魅力の一つでしょうか。

12081702.jpg

いつものようにスプマンテを傾けているとアミューズの登場です。

12081703.jpg

アミューズ:フォアグラと桃の冷たいスープ

12081704.jpg

桃とフォアグラ。ランチの時は桃のかき氷でしたが、桃のスープの方が桃の風味が強い感じがします。

前菜:AIDAスペシャリテ“季節の野菜パフェ”トマトをテーマに

12081705.jpg

一番下の層には、冬瓜とトマト(アイコ)のコンポートを、野菜の出汁をゼリーで固めたもの。
そしてズワイガニ、パプリカのムース。それを覆うようにコンソメジュレ。
グリーンのアイスは青トマトのソルベ。
水菜、マイクロトマト、オクラ、ガスパチョ、トップはパスタ素揚げ。

いつみても手の混んでいる野菜のパフェは、単品で美味しく、トータルでもっと美味しく。
いろいろな組み合わせが楽しめるパフェです。

自家製パン、 ホイップバターとともに。

12081706.jpg

二つ目の前菜:トウモロコシ料理2種の味比べ 鮮魚のスープサラダと温かいスフレ

12081707.jpg

まず運ばれてきたのがこちら。
トウモロコシのスープの上には、燻製にした富士三嶺マス。
いつもブリオッシュを焼いている型で焼かれた食パンは、中がくり抜かれており、その中にはアオリイカと自家製ツナ。トップにはヤングコーンのヒゲとセルバチコ。

やがてアツアツの状態で運ばれてきたのがこちら。

12081708.jpg

トウモロコシと帆立のスフレで、帆立の出汁がよく出ているスフレでした。

12081709.jpg

トウモロコシと魚介類というのは結構合うものなのですね。

お替りパンはブリオッシュ。

12081710.jpg

最後にご飯を頂くのでパンは食べ進めないほうが得策ですが、これは別腹?
しっかりといただきたくなる美味しさですから。笑

メイン:真鯛の大和焼き サヴァイヨンソース(私)

12081711.jpg

大和焼きとはどのようなものかと思ったら、真鯛を大和芋に絡めて焼いたものでした。
こんな風にしても美味しいのですね。

サヴァイヨンソースはローズマリー風味で爽やか!
赤ワインソースが思いのほか甘く、聞けば葡萄やジャムを加えたものだそう。
彩り野菜とソースがキャンバスの中の抽象画のような。

メイン:子羊のロティ クレピネット包み コートレットと共に

12081712.jpg

網脂(クレピネット)の中には細かく刻まれた野菜たちが羊肉をコーティング。
こちらのお店ではお野菜が多く頂けるので、それも魅力です。

メインの後に、炊き込みご飯がつきます。

12081713.jpg

定食のように並べられた右側は山芋ソテー、ブイヨンで炊き込んだご飯、そして上には茄子揚げ漬し。

12081716.jpg

左側にはエチュベ。
どうにもお漬物という雰囲気ですが、冬瓜、にんじんをレモンジュースで低温調理したもので、今回はピクルスのような。
これが共通項で、奥のストウブに入った中身がそれぞれ選べます。

地蛤と桜海老のくずし(私)

12081714.jpg

夏野菜に桜海老と地蛤。アンチョビソースの味付けです。

鴨のローストくずし

12081715.jpg

鴨肉がこんなにたっぷりと入っているのには驚きです。セップソースの味付けです。

季節のフルーツとチョコレートのフォンダン
焦がしバターのアイスクリーム


12081717.jpg

口溶けの良いフォンダン、下にはマンゴーとオレンジソース、シャンティ。
ナッツと焦がしバターのアイスがコクがあって面白い味わい。

季節の移り変わりを現しているかのようなトップを飾る果物は、柿、メロン、巨峰、スモモ。

まだまだ暑いですが、お皿は段々と秋へシフトしているようです。
また季節を変えて伺いたいお店。
このボリュームなので、やはりランチがお薦めでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト