モンサンミッシェル案内人

サマータイムぎりぎりのこの時季は日の出が8時近くということもあり、かつ降りやまない雨によって、朝と思えないほどの暗さです。

12092401.jpg

雨が少し止んだのを見計らって、朝のモンサンミッシェルを少々。

12092402.jpg

幸運なことに修道院へ向かう頃には晴れ間が広がってきましたよー。

12092403.jpg

12092404.jpg

どこからも黄金のミカエルを仰ぎ見ることができますが、とりわけ大階段を上った先の西のテラスからの景色は圧巻です。

12092405.jpg

今から1000年も前に建築された教会は厳かな空気がたちこめ、信者でなくとも厳粛な気持ちになります。

12092406.jpg

天井は板貼りの曲面で、フランボアイヤン式ゴシックスタイルで15世紀に再建されたものだそう。
曲面というのが珍しいですね。

12092408.jpg

12092409.jpg

ステンドグラスは聖書の教えを描くのではなく、シンプルな色ガラスをはめ込んだもの。
ですが、模様はそれぞれ異なっていて、微妙な色の組み合わせなどにこだわりも感じられます。

12092410.jpg

暗い室内からパッと視界が広がるこの回廊はメルヴェイユの棟の最上階にあり、祈りと瞑想の場だったそう。

12092411.jpg

いろいろな見どころがありますが、私はやはりここが一番印象深いです。

12092412.jpg

先ほどのステンドグラスの窓が見えます。


修道僧の食堂。床のタイルが素敵です。

12092413.jpg


迎賓の間

12092414.jpg


太柱の礼拝堂(15世紀半ば建造)

12092415.jpg


騎士の間

12092416.jpg

なんだかTDLのシンデレラ城みたいでちょっとした冒険気分になってしまうのは私だけでしょうか。

12092417.jpg

最後に一番上で常にこの島を見守っているミカエル様に会いました。

外に出ると爽やかな青空!

12092418.jpg

結局、午前の満潮予定時刻になっても遠浅な状態は変わらないように見え…

砂浜は突然深くなっているところや、足をとられるような箇所が多くあり、ツアーガイドが同行する以外は立ち入り禁止となっておりますが、

12092419.jpg


楽しそう!!

じっとしているとどんどん沈んでいくのだそうです。
スリルありますねー。
関連記事
スポンサーサイト