スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paris 最新人気スポット 「L'Avant Comptoir(ラヴァン・コントワール)」

買い物も満喫した後は、お腹が空いた~と、パリで最後の晩餐に選んだお店は、パリで今、もっとも注目されている(らしい)という「L'Avant Comptoir(ラヴァン・コントワール)」

12092624.jpg

こちらは半年先まで予約で一杯といわれている「Le comptoir du Relais(ル・コントワール・デュ・ルレ)」
のセカンド的存在で、クレープリー&バルなのですが、とはいっても、こちらも大人気で、溢れる人、人、人!

12092625.jpg

入って良いのか躊躇していると、他のお客さんが空いてるよ!とカウンターの一部を譲ってくれました。

私は子供の背丈なので、大きなフランス人たちの背中が壁となり、店員さんに気付いてもらうのも一苦労(汗)。
やっとのことでシャンパンで乾杯です♪

12092626.jpg

パンは好きなだけどうぞというスタイルで。

12092629.jpg

メニューは天井からぶら下がっているものと、黒板にかかれたクレープのメニュー。
天井が遠くて文字が見えにくいのを凝視して読解するのがまた一苦労(笑)。


生ハムとチーズのタルティーヌ

12092628.jpg


「Riz」という文字と写真だけで判断して注文したら、
「キャラメル風味のライスプディング」だったりとハプニングもありました(笑)。

12092627.jpg

甘いのですが、シャンパンにもなぜか良い感じで合いました♪

カルパッチョ

12092630.jpg

日本人的には魚のカルパッチョの方が馴染みがありますが、イタリアで生まれたカルパッチョは牛肉。
このお肉も大変美味しゅうございますー。

タラのブランダードのグラタン

12092631.jpg

こちらもとっても美味しく!

ワインも3.5ユーロくらいから品揃えも豊富で、お皿はどれも5ユーロ前後。

美味しくかつリーゾナブルに楽しめます。

地元客にも人気のあるお店というのは味に間違いがないですね。
これで言葉の壁もなければどんなに楽しいものか!

パリ在住ではないフランス人のグループに、
「このお店をなぜ知ってるの?旅のガイドブックに載っているの?」と聞かれ、
「ガイドブックには載っていない、ネットで調べたよ」と伝えると、一同納得しておりました。

彼らもこのお店は初めてで、このお店の人気振りを知ったのはつい最近。
それなのに、なぜ外国人観光客がここの情報を得ているのかと不思議に思ったのでしょう。
今は「情報」が世界を駆け巡る時代なのですよー☆


ラヴァンコントワール L'Avant Comptoir
3, carrefour de l'Odéon 75004
無休 9:00-24:00

******************

今回の旅ではiPhoneが本当に役に立ちました。

iOS6にはバージョンアップせずに旅に出たので地図はGoogleで、位置情報も正確。
少し歩けば方向もわかり、道に迷うことも、時間のロスもほぼゼロ。
お店が見つからない!ということは皆無。

iPhoneがなかったら、これほどスムーズではなかったと思います。
本当に「時代」ですねー。

あとはやはり語学力!
こればかりは個人のスキルなので、もっと精進しなくてはいけないようです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。