うえ山  美味しい鶏から揚げが食べたくなったら  蒲田

美味しい鶏のから揚げを頂けると評判のお店へ行ってきました。

蓮沼方面へ線路沿いを歩くこと、10分くらいでしょうか。
商店街も終わり、辺りが少し暗くなる中に、一軒だけ煌々と蛍光灯の灯りが眩しく、白い暖簾に「鳥から揚げ うえ山」と手書きの文字でかかれたお店。

12102701.jpg

中へ入るとL字にカウンター、テーブル席もあり、明るく、清潔な店内。

常連さんばかりかと物怖じしておりましたが、意外と客層は若く、聞けば最近のメディア露出の影響だとのことでした。(私たちもそれに含まれてますが。 笑)

常連さんはこの状況に帰ってしまうことがあるそうなのですが、新参者にとってはありがたい状況です。

メニューはシンプルにこれだけ。

12102702.jpg

「お通し」は目の前にある8種類くらいのお惣菜の中から、一人3類選べます。

12102703.jpg

もずく、味付け卵、切干大根の煮物、切干大根の炒め物、砂肝、ポテトサラダ

二人でいれば、こんなに!
これにビールだけでも、かなり満足できる感じです。

ですが、専門店で専門分野を頂かずに帰るわけにはいきません。

セット モモ肉、ムネ肉の唐揚げ

12102704.jpg

下に玉ねぎスライスが敷いてあり、脂っこくなりがちな時のお口直しになります。
やはり、淡白なムネ肉よりもモモ肉の方が旨味はありますね♪

12102705.jpg

基本的にはこちらのお肉が無くなった時点で営業終了。
私たちが入った後の一組はセーフで、それ以降は売れ切れということで、断られておりました。
土曜21時頃だったでしょうか。天候にも寄るのでしょうけれど、結構早めになくなってしまうようです。

砂肝揚げ

12102706.jpg

300円とは思えない量です。

他にも気になるメニューはありましたが、あいにく全て完売!

一通り頂いたあとに、あるお客さんが連れの方と別れてカウンターへ移動されてきました。
どうやら常連さんのようで、マスターの奥さまを介して話しているうちに、すっかりと話しが弾んでしまいました。

聞けば、ご主人の同級生で、松戸からよく通ってるとのこと。
育った土地でお店を営むマスターと育った土地に郷愁の想いで訪れる同級生。

二人が内輪話で盛り上がるようなことはないのですが、同じ空間を少しでも長く共にして、この空間を大切にしている様子が伺い知れて、家族のような、それ以上の絆のような。
二人(奥さまも含めて三人かな)の関係がとても素敵だなーとしみじみと思うところもあり…。


鶏は一羽買いするそうで、長年、大森の「国井商店」さんからその日に出すものを毎日仕入れているのだそう。
つまりは、国井商店さんがお休みだと、このお店もお休み。

素材である鶏については徹底することで、ブレない美味しさと絶対的信頼感を作りだしているんですね。

うえ山鳥料理 / 蓮沼駅蒲田駅矢口渡駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


関連記事
スポンサーサイト