ラトリエ・デュ・パン(L'telier du Pain)

出張料理のスタッフとして赴いた六本木。
待ち合わせまでに時間があったので、同じくスタッフとして動員された方と今夜訪れるお店を事前にチェック!しようと足を伸ばしてみました。

ワインが好きな方ならご存知であろう、ネット通販の「ワインショップ ソムリエ」の実店舗がオープンしたのですが、その建物自体がワインと食のコラボレーションとなっており、私が着目したのは、もちろんそこに入ったパン屋さんの存在。

12120301.jpg

パン屋さんはワインショップの中の階段を上がった2階にあり、存在感のある大きな石窯がトキメキ指数を高めます。

12120303.jpg

アイテム数もかなりあって、ハード系、ベーグルなども数多く、セミハード、ワインのおつまみになるようなもの、ヴィエノワ系、デニッシュ系、日本のコロネや餡パンの類まで!!

12120302.jpg

見た目からしてどれも美味しそうではありませんか!!!

というわけで、持ち帰った品々はこちら。

バゲットカンパーニュ
クロワッサン
リュスティック オリーブ
チーズクリスピー

12120304.jpg

普段はシンプルなバゲットも買うのですが、夜には併設されたマルシェで、きっと食べられるハズ!と見込んで仕事場へ向かうのでした。


****************

バゲットカンパーニュ

12120309.jpg

低温長時間発酵のバゲットもありますが、カンパーニュ生地がとても美味しそうでしたので、こちらを。
ライ麦が配合された茶色っぽい生地は香りが良く、旨味たっぷり!
そのままでも食べ進められる味わいのあるバゲットです。


クロワッサン

12120305.jpg

AOPバターの香りと濃厚な味わい…と
うんちくを並べずともこの見た目で美味なることは想像できると思います。


リュスティックオリーブ

12120306.jpg

12120308.jpg

オリーブの塩味が美味しくて、私はこの手のパンが結構好きです。


チーズクリスピー

12120307.jpg

薄く伸ばしたハード系生地にチーズがたっぷりの伸されて焼き上げられたもの。
上のオリーブと共にワインのツマミには好相性!


こうゆうマリアージュなパンも多く、土地柄も含め、閉店時刻も23:30!
六本木にマッチした「大人が楽しめるパン屋さん」という感じでしょうか。

そうそう、こちらの三橋シェフはユーハイム時代の志賀シェフ(現シニフィアンシニフィエ)に従事し、ドミニクサブロンでも腕をふるっていたそうで。
なるほど、そう聞けばイメージ通り。
素敵なお店がまた増えました♪

ラトリエ・デュ・パンパン / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


関連記事
スポンサーサイト