スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富澤商店さん コラムアップされました。

新年初のアップは「ブリオッシュ・デ・ロア」にしました。
ミモザでもイベントで何回かイベントで登場させたことのある南フランスにおける新年を祝うパンです。
北のガレット・デ・ロア、南のブリオッシュ・デ・ロアですね。

13011801.jpg

ブリオッシュ生地の上にドライフルーツを飾ったもので、中にはやはりフェーブとクレームダマンドが入ります。
いろいろなところのガレット・デ・ロワを食べたことがありますが、やはり自分で作るクレームダマンドが一番美味しい気がします。
パン屋さんなどでは大量に作って冷凍保存したものが多いのかもしれませんね。
クレームダマンドはタルトなどにも使いますし、お菓子作りの基本的なところでもありますので、覚えておくといろいろと応用が利くはずです。

ガレットタイプと違ってブリオッシュはバターを折り込まない分、軽いですから、朝食にも良いのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。