香りの効能とペットへの影響

最近はいろいろなルームフレグランス、デフューザーが出ておりますね。
香りは空気中に漂うわけですから、なるべく天然素材のものを選びたいもの。

例え天然でも飼ってる犬や猫に悪い香りというものもあるそうなので注意も必要です。
そして香りは気分を大きく左右させますから、この一本のボトルを買うのにかなり慎重になります。
たくさんの香り見本を嗅ぎ分けているうちによくわからなくなったり、どうもピンとくるものに出会えなかったり。

その繰り返しで、コレ!というものを買えずにおりました。


そんなとき、代官山にフィレンツェ発の「Dr.Vranjes(ドットール・ブラニエス)」の海外直営店があると聞き、ふらり立ち寄ってみることに。

イタリアでは高級ホテルのロビーなどで使われていることもあるそうで。
合成の香料は一切使わない、全てが天然ものを合わせて作られているので、いろいろな香りが近くにあっても喧嘩をしないのだとか。
お値段は相場よりお高いのですが、部屋の空気が良いだけで気分も上がりますし、3~4ヶ月持続するとのことなので、ちょっと思い切って買ってみることにしました。

13011602.jpg

香りの好みは人それぞれですし、同じ香りを嗅いでも人によっては感じ方が違うのだそうです。
家族の一人でも、その香りに違和感があるとすれば逆効果!

デフューザー生活、開始5日目。

8~10畳一部屋用と言われたボトルの大きさで一番奥の部屋に置いてあるのですが、玄関を開けるとほのかに香って良い感じです。

13011601.jpg

もっともバンブースティックを液体についたところと上下を返すことで香りの強さは調整できるようで。

私は1日おきに、スティックの数本だけを上下返すようにしております。

嗅覚の良い私にとっても、私の嗅覚の何万倍の愛犬にとっても香りがきつすぎないのがちょうど良いのかもしれません。
とはいえ、どんな影響があるかもわからないので、愛犬がいつもくつろいでいるようなエリアからは遠いところにおいてあります。

今回はローズの香り。
毎日バラが活けられているかのような香りが漂っており、なかなかお薦めですよ!
関連記事
スポンサーサイト