予約の取れない「フロリレージュ」でタナボタランチ

前週に大雪に見舞われ、都内でさえ、まだ雪の塊がたくさん残された状況に不安と思ったのか、土曜のランチにキャンセルが出たというお知らせをHPで偶然発見!

13011902.jpg

これは運命ね!と思い、その枠を早速埋めてまいりました。

13011903.jpg

(フラッシュなし、シャッター音なしの条件付きで許可を受けて撮影しております)

2年振りくらいに訪れる2回目のランチ。
なんと周囲は全員女性でした!
美味しくてCPの良いところには女性は集まるものなのですよねー。笑

13011904.jpg

このシャンパングラスがまた美しい!

アミューズ

13011907.jpg

オリーブオイルを染み込ませたブリオッシュのフレンチトースト風。
前回同様、これは定番入りなのですね。

白ワインは説明を受けながら、選んだものはこちらとこちら。

13011904.jpg
13011906.jpg

パンは「ル・ルソール」の美味しいパン。
そうそう、前回訪問時に「次回からは細長いバゲットになります」と言われていたんでしたっけ。

13011908.jpg

フォアグラとメレンゲのスペシャリテは前回にいただいたのでそれ以外を…


前菜:白子のムニエル タラのブランダード ケッパーのソース

13011909.jpg

季節ですよね。これはとても美味なるものでした。


前菜:フロリレージュ流 ブイヤベース(私)

13011910.jpg

メニューに載っていない本日のメニュー。
ブイヤベースを作る時の手間がよくわかるので選んでみましたが、イメージとは全く異なるものでした。
ちょっとグロテスクな見た目!!笑

13011911.jpg

アワビの器からニョロリと飛び出した手打ちパスタをスープにつけながら、周囲のワカメをつけながらいただくのだそう。
つけ麺感覚!遊び心の一皿です。
ですが、スープの中はアワビ、帆立、海老、細切り昆布など旨味の宝庫!
ワカメからも磯の香りが漂います。


メイン:和歌山県産 紀州赤鶏のローストとそのフラン

13011912.jpg

牛蒡にジュニパーベリーのソースが驚きです。


メイン:本日の魚料理 鰤 (私)

13011913.jpg

つい先日のフレンチ教室で「『フレンチに鰤』って想像しがたいんだよね…」
と話していたばかりだったので、どんなお皿が出てくるのか興味津々でしたが、出てきたお皿はしっかりフレンチでした。
ですが、付け合わせのお野菜は「大根」を。日本人の心ですよね!笑
そして「フレンチ」とするべく、このソース。
アサリの旨味、いやそれだけではない、違う旨味がこのクリームソースに入っていて、感動的な美味しさ!!

メインにはもう一種類の調理法で作るお皿があり、

13011914.jpg

エルダーフラワーが飾られて可愛い♪
こちらが赤鶏のフラン。

13011915.jpg

鰤はこんな感じで。
同じ「焼く」でも違うものですね。
昆布などの旨味といただきます。


フレッシュのいちごとマスカルポーネチーズのムース

13011916.jpg

フレッシュ、凍らせた苺、ムース…といろいろな状態の苺が楽しめます。


本日のチョコレート チョコレートのオムレツ

13011917.jpg

中のガナッシュクリームがとろーんと出てくるオムレツでした。
甘さ少なくほろ苦さがあるので、お腹が一杯でもペロリと食べられてしまいました。

13011918.jpg


食後のプティ・フールはピスタチオのマカロン!

13011919.jpg

最後まで美味しい時間が流れておりました。

マメな方ではないのでまたタナボタランチ、狙いたいと思います♪
関連記事
スポンサーサイト