大都会の緑に包まれた素敵な時間 Restaurant I (レストラン アイ) 原宿 

春休みの原宿は多くの人で溢れておりますが、東郷神社まで来るとほとんど人はおらず、不思議な感じです。

緑に包まれ、鳥のさえずりさえ聞こえる場所がこんなところにあるなんて。

13032301.jpg

入口を入るとまずはウェイティングルームに通され、間もなくダイニングへ。

13032303.jpg

テーブルはテラス沿いに並べられ、緑が見えるように座席が配置されておりました。

13032304.jpg
13032302.jpg

ロゼ・スパークリングで喉を潤しつつ、アミューズの青のりグリッシーニと揚げたラヴィオリを。

メニューの説明を伺いながら、前菜3皿、メイン3皿の中から好きな3皿を選べるプリフィクスメニューのコースをお願いすることに。

こちらはフレンチなのですが、プロデュースしている松島シェフがイタリアに近い南フランスのニースでお店を構えているせいか、イタリアンの雰囲気も醸し出しており、フランスとイタリアの融合的なお料理が多く見受けられるようです。

○帆立貝柱のグリエ、菜の花、アサリと菜種油のヴィネグレット

13032306.jpg

お皿に春の雰囲気が描かれていて素敵です。

○フォアグラのテリーヌ、ヌガー・ドゥ・プロヴァンス(私)

13032307.jpg

こちらもエディフルフラワーが飾られ、可愛らしい!
ヌガーとフォアグラという組み合わせは初めてでしたが、合うものですねー。

自家製パンはエピの形。

13032308.jpg

パリのレピ・デュ・パンを思い出してしまいますが、この形、ちぎりやすく、気が利いてますよね。

○ブロッコリーのスープ、スカンピのラヴィオリ

13032310.jpg

美しい翡翠色!
緑のスープは火の入れ具合で変色しやすいので難しいといわれていますから、手間を考えながら頂かないと!(笑)

13032309.jpg


○アンコウのベーコン巻、ほうれん草のブイヨン、小イカのバトー(私)

13032311.jpg

アンコウは意外とあっさりとした白身なので、ベーコンの脂質が良いバランスとなっているようでした。
ホウレン草は赤軸のものと、ペーストで使ったほうれん草は東京産だそうで、こちらで使う野菜は江戸野菜を多く取り入れているのだとか。


○東京X豚グリーンマスタード風味、季節の野菜

13032312.jpg

季節の野菜にはアーティチョークも。
ほうれん草で包まれた中には粗引き肉の美味しいモノが入っていたそうです。


○蝦夷鹿のロースト、ソース・ジュニエーブル(私)

13032313.jpg

鹿はどうでしょう??
と半信半疑でオーダーしたのですが、全く臭みもなく、固くも無く。
鹿経験は数えるほどしかないですが、他の三ッ星で食べたものよりもとっても良いお味でした。

あまりジビエを頂かない方なのでよく知りませんでしたが、ジュニパーベリーのソースはジビエ系に合うものなのですね。


○苺のバシュラン 東京蜂蜜風味

13032314.jpg

王冠のように飾られたメレンゲが素敵です。
セミドライの苺とフレッシュを使った甘酸っぱい幸せになれるデザートです。


飲み物とプティフール

13032315.jpg

ガナッシュに、フランボワーズのマカロン、パイ、パートフリュイ。
最後まで華やかな食卓でした。

最後に個室なども見せていただいたのですが、個室内に御手洗いもあるので、小さなお子さんを連れていても安心して使えそうです。

また若い人たちのフレンチ離れからか、25歳以下の方は25%OFFといった計らいも。

一流レストランで「食育」が実践されているというのはとても素晴らしいことだと思いました。

13032305.jpg

また季節を変えて行ってみたいレストランです。

レストラン アイフレンチ / 原宿駅明治神宮前駅北参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

関連記事
スポンサーサイト