ワインと美食の街、ナパバレーの旅 2013 ⑦ナパバレーのお洒落な美食スポット ヨンヴィル(YOUNTVILLE)

13071111.jpg

ヨンヴィル(YOUNTVILLE)の街へやってきました。

13071110.jpg

優雅なリゾート地という雰囲気で、のんびりとした時間が流れるような。

13071112.jpg

ペットといつも一緒が当たり前のパリでよく見かける排泄物の袋。
お食事前ですが、可愛らしいイラストについパチリ。

そんなお散歩を楽しんでいるうちにランチの時間となりました。

13071113.jpg

向かった先は、トーマス・ケラー氏の全米一予約の取れないレストラン「フレンチランドリー(The French Laundry)」という超有名店の姉妹店「ブッション(Bouchon)」です。

まずはナパバレーのロゼスパークリングで乾杯です。

13071114.jpg

初めて食べるブッションのパンは、評判通りの美味しさ!!

料理はコースもありますが、シェアで頼むこともできます。
ちょっとずつをたくさん食べたい私たちは、シェアで。
格式あるようなレストランでもシェアできるのが嬉しいですね。


○レンズ豆のサラダ

13071116.jpg

スープの味が染み込んだレンズ豆。
こんなにたくさんは飽きるかな?と思いましたが、酸味がきいているので、最後まで美味しくいただけました。


○クレソンとエンダイブのサラダ

13071115.jpg

カラフルなエンダイブ、ロックフォールチーズと胡桃。
カルフォルニア産の胡桃は食べ慣れていますが、フレッシュなものは違いますね!


○チキンのロースト

13071117.jpg

付け合わせの穀物は赤米。マリネされた茄子とマッシュルームの旨味とチキンの旨味が溶け込んだソース。
こちらもとっても美味しくいただけました。

アメリカの流儀には従わず(笑)、カプチーノで〆。


アメリカの食事はヘビーでジャンクで…というイメージもありますが、選びようによっては健康的な食生活も実現できるものなのですね。

日本はヘルシーなご飯のイメージがありますが、コンビニやファストフードで溢れていますし、選びようによっては不健康な食事になる…結局は選択肢は自分の中にあるのですね。


さて、美味しいランチを頂いた後は、有名ワイナリーに向かいます。

13071119.jpg
関連記事
スポンサーサイト