ワインと美食の街、ナパバレーの旅 2013 ⑨ナパバレーの温泉地 カリストガ(Calistoga)へ

ヨンヴィルの街からセントヘレナハイウェイをひたすら北上すること20分ほどでしょうか。
ナパバレーの温泉地、カリストガ(Calistoga)の街があります。

13071135.jpg

のどかな温泉地で、このエリアに20軒ほどマッドバス(泥風呂)が楽しめる施設があるのだそう。
その中で私たちが伺ったのは、こちらの「ローマンスパ(ROMAN SPA)

13071136.jpg

見た目に高級感はありませんが、お忍びで使えそうな雰囲気で、ハリウッドスターやヒラリー・クリントンさんも常連なのだとか。

まず最初に蒸気がモウモウとしているこちらのお部屋に案内されました。

13071137.jpg

「私が出ていったら洋服を脱いでシャワーを浴び、最初にマッドバスに入っていてください。その頃にまた伺います」

恐らくそのようなことを説明し、部屋を後にするスタッフ。
そう、こちらではお客様のプライバシーを守るために、細心の配慮をしているようです。それがVIPも常連になる所以なのですね。


白に近いグレーの、粒子の細かい顔料のような泥を想像していたのですが、目の前にあるのは、黒というか濃い緑というか…

13071138.jpg

暗くて見えにくいのですが、温泉臭なのか発酵臭なのか、なんとも言えない臭いとフワフワとした物体。
とりあえず身体をどっぷりと沈めながら隣の友人と苦笑い。
ですが、3分もしないうちに汗がじんわりと出てきて、効果を実感できます。
暫くするとスタッフの方が冷たい温泉水を持ってきてくださり、ストローを近づけて飲ませてくれます。

この泥風呂、何が入っているのかと聞くと、火山灰や黒土、ピートモス(苔)などの植物を混ぜて発酵させたものなのだそう。
天然のミネラルが溶け込み、火山灰に含まれる鉱物が毛穴を開かせ、毒素や老廃物を流してくれるのだそうで。

温泉水を飲みながらのデトックスは身体が浄化されいくよう。
給水が3回ほど繰り返され、トータルで15分くらい入ったでしょうか。

次は泥を落として、シャワーで流した後、源泉水のジャグジーに入ります。
こちらの温度が結構熱めで、沈むこと10分強。のぼせる一歩手前で次の指示が入りました。

その後はバスローブを着て隣の部屋でクールダウン。
いつまでも汗が引かずに、ホカホカ状態が続きます。

目の上にキュウリパックされ、暑さがようやく落ち着いた頃にはどっと疲れが出たのか眠ってしまうほどに心地の良さでした。

次に部屋を移動してマッサージタイム。
オイルマッサージでさらに心地よく時間が流れるのでした。

これぞ至福の時ですね!

トータルで2時間位の上記内容で130ドルほど。
他と比べたわけではないのでわかりませんが、プライベート感はあるし、スタッフは親切ですし、良心的な価格ではないでしょうか。

一本道で来れるのが幸いですが、温泉の後の運転って結構辛そうですよね。。。
私はナビ担当なので、運転は任せきりで申し訳ない限りで。

次回来ることがあるならば…
スパのほとんどが宿泊施設を持っているので、宿泊も良いかもしれませんね!

13071122.jpg

アパートメントからカリストガまでの距離
関連記事
スポンサーサイト