北海道 道央周遊の食旅 ③小樽から積丹へ 立ち寄り必須のパン屋さん「エグ・ヴィヴ(Aigues Vives)」

小樽を出る前に天狗山から小樽市内を一望しようと思いましたが、あいにくガスっておりました。

14071801.jpg

最近は北海道でも30℃超えることが多いそうで、梅雨がないと言われていますが、意外と湿気多いんですよね。

さて、車は積丹半島へ向かいます。


その途中にある「エグ・ヴィヴ(Aigues Vives)」は北海道の各所から訪れる人が多い、とても有名なパン屋さん。

14071803.jpg

オープン前にも関わらず、焼き上がりを待つ人がたくさん!

14071805.jpg

単車に乗った欧米人の姿もあり、ますます人気を上げているということがわかります。

庭には赤スグリが実を付けており、お店に彩りを加えておりました。

14071804.jpg

朝ご飯もしっかりと食べてしまっているので、こちらではクロワッサンとショコラのみ。
そのためだけに?と思われるかもしれませんが、そのためだけにでも訪れたいパン屋さんなのです。
特に、クロワッサンの焼きたては本当に絶品でして。

14071806.jpg

私はバリバリ系のクロワッサンが好きなのですが、東京でもこれほど美味しいクロワッサンはないと思います。
その時の気候や保存状況でパンの状態はすぐに変わってしまいますので、このタイミングで食べるクロワッサンが
NO.1 と付け加えておきましょう。

以前は女性二人でやっていたかと記憶してましたが、作業場には男性の姿が。
体制が変わったのかもしれませんが、変わらない美味しさがそこにありました。

過去の記事はこちらから …自分で読み返してみても懐かしいー。笑

そうそう、お店の前で新しい道路を作る工事をしておりましたよ。

14071802.jpg

こちらのパン屋さんは崖の上にあるのですが、車数の多い幹線道路からちょっと曲がりにくい道に曲がらないといけないため、トラブルも多かったのではないかな?と推測されます。
(あくまでも勝手な憶測ですが)道路事情さえも変えてしまうパン屋さん。驚異的でしょ?笑
関連記事
スポンサーサイト