日本橋蠣殻町 すぎた 予約の取れない名店で、美味しいお寿司をいただく幸せ。

昨年9月に伺ったときは移転前の「都寿司」でした。

その時は新店の内装工事がトラブル続出で遅れていて、、、そんな話を伺っていたのですが、
来店客は半年先まで予約が取れるので、その頃には間違いなく軌道にのって本領発揮されていることだろうと、今日を予約しておいたのでした。

言わずと知れた予約の取れない人気店には訪問が叶った日に、すかさず次回も予約が鉄則ですね!

16031301.jpg

おかみさんにより暖簾が掲げられると同時に、周辺で時間調整していた予約客が瞬く間に席を案内されていきます。

16031302.jpg

本日11時スタート。
おつまみと握りを出す、おまかせコースをお願いしました。
カウンターに並ぶ計10名ほどの皆さんも同様のようでした。
まずはビールで乾杯。

○芹と椎茸の和え物

16031303.jpg

突き出しで既にお店のグレードを感じてしまうときがありますよね。

○ミル貝 と カワハギ その肝で

16031304.jpg

ミル貝は写真奥で、撮り方しくじりましたが・・・
日本刀のような包丁でそぎ切りした後に、まな板にパンパンと打ち付けて。
コリコリ食感、活きてますね!
カワハギに肝は今では定番ですが、この組み合わせを最初に考えた人、すばらしいー♪
滑らかな肝をまとわせていただくカワハギはとっても上品な味わいです。

○タコの柔らか煮 煮詰め

16031305.jpg

びっくりする柔らかさ!
どうやったらこんなふうに上手に煮れるのか。
ゆずが後味にほんのり香るのも良い感じです。

そして日本酒の熱燗をお任せでいただきました。

16031306.jpg

酒器もそうですが、こちらで供されるお皿がどれも素敵なんですよね。

○しめ鯖の海苔巻き

16031307.jpg

中に大葉も一緒に巻かれていて、海苔自体も本当に風味が良いのでとっても美味しい巻物です。
これまで出会ったことがありませんでしたが、最近の新作なのかしら?

○真鯛の白子

16031308.jpg

白子は白子でも真鯛のは初めて。ほかのお客さんからも歓声が湧いておりました。
この辺りになると、お酒の効果もあり、店主のお話の仕方も上手だからか、カウンター席に並んだ見ず知らずの一同に一体感がみられるようになります。そんな展開もこのお店の魅力ですね。

タラの白子はミルキーで濃厚な味わいですが、鯛の白子はそれよりもさっぱりとしていてクドさは皆無。
とっても優しい味わいです。
鯛の白子はほとんど出回らないらしく、希少な体験をしました。

○青なまこ 酢の物

16031309.jpg

なまこは好き嫌いが出るネタだけあって、お隣のお客さんは違う一品料理が出ておりました。
隣は何かしらー?と興味で私がチラリと横を見てしまったことに気がついて、「なまこはお嫌いじゃないですか?」と店主。
「お好みにより変えてるんですよ」というニュアンスが伝わり、そういった配慮の言葉が素晴らしいです。

○赤なまこ このわた 

16031310.jpg

日本三大珍味の一つである「このわた」ですが、食べるのは多分初めて。
なまこの腸が美味しいようには思えなかったので興味もなかったのですが、これは美味しい!
そうゆう年齢になってきているからなのかもしれませんね。

○国産 数の子 西京味噌漬け

16031311.jpg

数の子が苦手な人もこれならきっと美味しく食べられるはず!!
むしろ食べていただきたい味です。
塩抜きしても塩のきつい数の子を歯ごたえだけを楽しむだけにこれまで食べておりましたが、、、
初めて数の子を「感動するほど美味しい」と思えました。
きちんとした下ごしらえがあるからこそ、なのでしょうね。

○太刀魚の塩焼き かぼす

16031312.jpg

細かな包丁使いにも感心ですが、ふんわりと溶けるような白身にパリッとした皮目。
とてもよい塩加減でとても美味しい一皿でした。

おまかせコースとしてはおつまみはこれで以上なのですが、食いしん坊な私たちはあともう一品いただくことに。

○白魚 酒盗焼き

16031313.jpg

奥から磯の香りのような香ばしさが漂ってきたと思ったら、白魚だったのですね!
酒盗も一緒に焼かれていて、これは日本酒が進んでしまう一皿です。笑

さて、おつまみはこれくらいにして、握りをスタートしていただきました。

○ガリ

16031314.jpg

自家製ガリは甘くないのがこちらの特徴。
握りと一緒に食べていくほどに美味しくて、今日は何回おかわりをいただいたことか!笑

○コハダ

16031315.jpg

裏切らない美味しさ!

○真鯛

16031316.jpg

独特のねっとり感は熟成5日目とのこと。
身の状態で寝かせる時間は変わるとのことで、この見極めが職人技!というわけですね。

○さらわ わら焼き

16031317.jpg

燻された香りでさらに美味しく。

○春子鯛  

16031318.jpg

春らしく綺麗な桜色。リピートされている方もいましたね♪

○赤身

16031319.jpg

○ことろ 背びれ付け根の部分

16031320.jpg

初めていただきました。
今回の握りナンバーワンはコレでしょうか。

○さより

16031321.jpg

透けて見える透明感! 美しい!

○車エビ

16031322.jpg

大きくて一口が難しいくらいです。笑

○金目鯛

16031323.jpg

こちらも裏切らない美味しさ。

○紫ウニ 青森産

16031324.jpg

最近は青森産が身が大きいのだとか。

握りは以上でしたが、まだ出していないいくつかの中から鰹をお願いしました。

○鰹 漬け

16031325.jpg

まだ脂がのっていない時期ということで漬けにしたのだそう。
もっちりとねっとり感は熟成の証でしょう。

○穴子 塩

16031326.jpg

ふんわり蒸された穴子ちゃん。
いつもツメなので、今回は塩で。

○アサリのお椀

16031327.jpg

大きなアサリも上質そう!この味がホッとするんです。

○玉子

16031328.jpg

デザートのような玉子で締めとなります。

なかなか伺うことのできないお店だけに、他の方の追加注文の握りを見ていると食べたくなってしまうのですが・・・
半年後の楽しみにとっておこうと思います。

日本橋蠣殻町 すぎた寿司 / 水天宮前駅人形町駅茅場町駅

昼総合点★★★★★ 5.0

関連記事
スポンサーサイト