レストラン エール 銀座

訪れたのは銀座にある「レストランエール

16042901.jpg

有田焼 カマチ陶舗でお出迎え。
和紙と空気感を表したウェルカムプレートだそう。

16042902.jpg

ランチはシェフお任せの1コースのみ。
ワインはシャンパンも含まれてお得な4杯のマリアージュのセットにしました。

16042903.jpg

最近伺うお店で見ない方が少ないスガハラガラス。
お水用のグラスとしては定番ですが、こちらのシャンパングラスもスガハラのもの。
一つ一つ手作りなので形が微妙に違うのだとか。
「シャンパングラスは泡が綺麗に立ち上がるもの」と聞いたことがありますが、こちらのグラスは窪みがあるからか泡の動きが激しい!笑
より発泡性を感じてスッキリ飲めます♪

○フォアグラのソフトクリーム

16042904.jpg

フォアグラクリームを使ったアミューズはAIDAグループでは定番ですが、出し方がオシャレですね!
苺のパウダーとパン粉でできたベースに差し込まれて登場。
いちじくの甘み、フランボワーズの酸味とともにいただくフォアグラはデザートみたいです。。

○野菜のパフェ

16042905.jpg

こちらも定番中の定番!
季節の葉野菜、ソラマメのアイス、ボイルの桜えび、いろいろなお豆などなど。
中でも紫人参のジュレが綺麗な演出をしておりました。

16042906.jpg

○バゲット

16042907.jpg

バゲットよりもカマチのお皿に興味津々。笑

○魚料理 スズキのポワレ

16042908.jpg

イースターを意識したようなお皿です♪
ラタトゥイユの上にカダイフで巣が作られており、瞬間燻製の卵。
こちらは白卵といって、中の黄身がクリーム色でびっくり!
飼料の差で黄身の色は変わるとは聞いたことがありますが、トウモロコシではなく、米を食べて育った鶏からはこのような白い黄身の卵が産まれるのだそう。
考えてみればトウモロコシ飼料はほぼ輸入に頼っている中で、国産米は余っているわけですから、米を使った方がエコですし、安心安全も同時に得れて、今この時代には白卵流行るんじゃないかしら?
むしろ流行らせたい!!
・・・とすっかり卵にクローズアップしてしまいましたが、メインの魚はスズキさんでした。
アンチョビと生クリームのソースが美味♪

16042909.jpg

○肉料理 京都丹波黒鶏

16042910.jpg

黒にんにくピュレ、白醤油パウダー、自家製柚子味噌や黒鶏のジュをつけてお好みの味付けで食べるというスタイル。
炭焼きされた黒鶏はそのままでも実はとても美味しくて、まずは何もつけずに、がオススメ!
ですが割と淡白なので、一度味付けてしまうと後半戦はいろいろ付けたくなります。
串にはエール特製ネギ間!
見た目の面白さとどうやって食べようかなーという楽しさがあり、とても印象に残ったメインでした。

16042911.jpg

○苺 ホルシュタイナー 練乳

16042912.jpg

ドイツの伝統的デザートティーであるホルシュタイナーをジャムのように仕立てて。
テーブルで練乳を瞬間冷却!
間近で冷却されていくのを見るのは初めてで実験のようで楽しめます。

最後のお茶は、カモミールとミントのドライハーブティー。
これだけ満足感のあるランチが銀座で3800円とはお値打ちもの♪

メニューはAIDAグループのエッセンスを感じさせつつも、一歩上をいくクオリティーと上品さがあるというか。
どのAIDAも好みなので、用途によってお店選びさせていただこうと思います。


レストラン エールフレンチ / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9

関連記事
スポンサーサイト