醤油教室に参加してきました!

味噌作りをする時は、麹屋さんからネットで、麹を取り寄せるのですが、どこかのサイトで「醤油麹」というのを見かけ、そういえば醤油ってどうやって作るんだろう?と思っておりました。

ネットで作り方を検索してもなかなか出てこなくて、2年が経ったある時。

マカロン教室が御縁で知り合ったAさんのブログを拝見していると「日本発酵文化協会」なる気になる文字を発見!
すぐさまリンク先へ飛んでみると、なんと「醤油教室」文字が~♪

ご縁に引き寄せられ、繋がるものですねぇ。

開催10日前の偶然の出会いに、すぐさま興味ありそうな友達を誘い申し込んだわけです。(前置き長過ぎ 笑)

醤油の歴史などの話を伺い、どう作られどう発展していったのか。
今日学んだ話は、キッコーマンのHPにもわかりやすく解説してありましたので、興味のある方はこちらへどうぞ → クリック

16060501.jpg

日本国内だけでも様々な醤油があり、その代表的なものがこれら。
テイスティングしながら好みの醤油の味を探ります。

16060504.jpg

今回は麦5豆5の割合で作る関東の濃い口醤油を作ります。
作り方としては準備されたものを混ぜるだけですのでとても簡単。

16060502.jpg

17%食塩水にしょうゆ麹を合わせ、よーくもみこんで吸水させるだけ!

16060503.jpg

この段階を「諸味」といって、これだけでも結構美味しかったりします。

16060505.jpg

そして、これからの熟成過程で2日に1度くらいの割合で上下を返して発酵を均一にさせていくのが大切。

夏を超える頃にはカビとの戦いとなりそうですが、そうやってお世話をしながら半年後に出来上がりとなります。

その家にいる酵母菌は様々なので、それぞれが違った様子になるそうです。

来春に絞りの講習会がまた設けられており、うちの子はこんな風に成長しました!というまるで発表会みたいですが、皆さんのそれぞれの様子を見ることも勉強になりそうですね。

ウチはパン酵母と味噌の酵母はたくさん浮遊してると思うので、育成が早いかも?

グレずに良い子に育ちますように♪
関連記事
スポンサーサイト